重ね付け

出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/

 

こだわって選んだエンゲージリング(婚約指輪)は、特別な日以外にも毎日つけたいもの。今時の花嫁さんは、マリッジと重ねづけしたときの相性も考えて、エンゲージを選び始めています。

 

今回は人気の15ブランドで見つけた、2本はもちろん、3本、4本といった素敵なレイヤードスタイルを紹介しています。

ハリーウィンストン(Harry Winston)

宝石商の家に生まれた創業者ハリー・ウィンストン。1932年、ニューヨークの五番街に店舗を構えると、天賦の才は大きく開花。
独自のセッティング技法「スプリット・プロング・セッティング」を生み出し、一流ブランドとしてその名を知られるように。ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す卓越したデザインと技術は、他の追随を許しません。

ハリーウィンストン指輪重ねづけ

デザインの違うエタニティのマリッジを合わせて豪華に。

上から、
【エンゲージ】ソリティアリング(\850,000~)
【マリッジ】ツーロウパヴェ・バンドリング(\702,000~) / パヴェツイスト・バンドリング(\972,000~)

ハリーウィンストン指輪重ねづけ2

デザインの違う4本のリングをすべてホワイトでまとめた気品のある重ねづけ。

上から
【マリッジリング】ラウンドウェーブ(\453,600~) / バゲット・チャネルセット(\1,080,000~) / ベル・バイ・ハリー・ウィンストン(\842,400~) / パヴェウェーブ(\918,000~)

シャネル(CHANEL)

女性が本当に望む服とは何かを模索し、ファッション界に大きなセンセーションを巻き起こしたマドモアゼル シャネル。
その美学をそのままに、1932年に初の「ファインジュエリーコレクション」を発表。メゾンを象徴する星やカメリアの花、リボンを取り入れたジュエリーは女性たちの心を捉え、永遠のエレガンスを放ち続けています。

シャネル重ねづけ

 

星がちりばめられたエンゲージとマリッジで、ダイヤモンドがついたシンプルなリングを挟んで可愛らしく。

左から
【エンゲージ】コメット ダムール(\3,134,160)
【マリッジ】コメット ダムール(\300,240)

 

シャネル重ねづけ2

 

パリで最も由緒ある場所とされる、ヴァンドーム広場からインスパイアされたプリミエール プロミス。
すっきりとした手元にしたいなら3本同じデザインでまとめるのもいい。

左から/ プルミエール プロメス(\299,160) / プルミエール プロメス(\463,320) / プリミエールプロメス(\378,000)

ティファニー(Tiffany)

「美しいデザインは美しい人生をつくり出す」。そんな言葉を残したチャールズ・ルイス・ティファニーが1837年に創業したティファニー。
エンゲージリングの代名詞ともいえる6本爪の「ティファニーセッティング」は、いつの時代も女性の心をとらえて話しません。永遠の憧れジュエラーとして、不動の地位を築いています。

ティファニー指輪重ねづけ

エンゲージにフィットするハーモニーのマリッジをダブルでつけたまとまりのある重ね付け。

上から
【エンゲージ】ハーモニー(\297,000~)
【マリッジ】ハーモニー ビーズセット(\307,800) / ハーモニー ウエディング(\137,160)

ティファニー指輪重ねづけ2

ホワイトのエンゲージとゴールドのエタニティでコンビのリングを挟んだ、統一感のある組み合わせ。

上から
【エンゲージ】エメラルド カット(\203,040~)
【マリッジ】ルシダ(\105,840) / メトロ(\334,800)

ブルガリ(BVLGARI)

1884年、ギリシャで銀細工師として活躍していたソティリオ・ブルガリがローマのシスティーナ通りにブティックをオープン。
古典主義やルネッサンスなどからインスパイアされた「ブルガリ・スタイル」は王侯貴族やセレブリティをも魅了し、一流ジュエラーとして地位を確立しました。その独自の美意識は常に花嫁達の的となっています。

ブルガリ指輪重ねづけ

イタリア語で「麦の穂」を意味する”スピガ”という名前のエンゲージとマリッジは、雰囲気がマッチして好相性。

左から
【エンゲージ】スピガ (\375,000~)
【ウェディング】スピガ(\180,000)

ブルガリ指輪重ねづけ2

定番のホワイトのエンゲージに、ブランドのアイコニックであるヘビをモチーフにした少し幅のあるマリッジ(ピンクゴールド)を合わせて今っぽい表情に。

左から/ デディカータ・ア・ヴェネチア(\375,000~) / セルペンティ(\140,000)

カルティエ(CARTIER)

1847年、ルイ=フランソワ・カルティエがパリに工房を開いたことから始まるカルティエの歴史。
卓越した技術と美学から生み出される輝きは、遠くインドのマハラジャたちも魅了したほど。初めてプラチナをダイヤモンドの台座として取り入れるなど、革新的な姿勢を守り続けながら常にジュエリー界を牽引し続けるブランドです。

カルティエ重ねづけ

モダンなデザインのソリテールに、同じエタニティのマリッジを合わせて上品に。凛とした表情は大人の女性を輝かせます。
上から
【エンゲージ】ダムール(\985,000~)
【マリッジ】バレリーナ(\618,300~)

カルティエ重ねづけ2

ピンクゴールドのソリテールにイエローとピンクエタニティを合わせたフェミニンな重ねづけセット。
上から
【エンゲージ】バレリーナ(\314,000~)
【マリッジ】バレリーナ(\294,300~) / クラシック(\221,400~)

ショーメ(CHAUMET)

1780年に創業。ナポレオンの載冠式の王冠を手がけるなど、名誉ある王室御用達ジュエラーとして歴史を重ねてきたショーメ。
伝統と研ぎ澄まされた感性から生まれる珠玉のジュエリーには、揺るぎない気品が宿っています。

ショーメ重ねづけ

バンドがゆるやかなVラインを描くジョゼフィーヌのエンゲージには、同じVラインのマリッジを合わせて。
上から
【エンゲージ】ジョゼフィーヌ(\1,656,000~)
【マリッジ】ジョゼフィーヌ(\378,000) / ジョゼフィーヌ(\264,000)

ショーメ重ねづけ2

気軽な2カラーセットでも、こなれた印象にしたいなら3カラーセットでつけるのも。
左から
【エンゲージ】リアン・ドゥ・ショーメ(\376,000~)
【マリッジ】プリュム(\140,400) / リアン・ドゥ・ショーメ(\243,000)

デビアス(DE BEERS)

ダイヤモンドの世界基準である4Cを定義したことでも知られるデビアス。現在では、さらに「ファイアー」や「ブリリアンス」などの独自の厳しい基準を設定し、それをクリアしたものだけを厳選しています。
身につけたときに最大限の輝きを放つように、細部のに至るまで計算しつくされたデザインのリングは、格別のきらめきを放っています。

デビアス重ねづけ1

シャープなスクエアカットのエンゲージにローズをモチーフにしたリングを合わせて優しい表情に。
上から
【エンゲージ】DB クラシックソリテア(\695,000~)
【マリッジ】アドニス ローズ(\520,000~)

デビアス重ねづけ2

細めのマリッジリングを合わせることで、エンゲージのダイヤモンドの大きさが際立ちます。

【エンゲージ】アドニスローズ ソリテア(\1,145,000~)
【マリッジ】オーラ(\496,000~) / アズレア(\175,000~)

ブシュロン(BOUCHERON)

ジュエリーの聖地、ヴァンドーム広場に始めて店舗を構えたジュエラー。1858年の創業以来、独創的なクリエイティビティと高度な技術で、王侯貴族をはじめセレブたちを魅了しています。
創業者フレデリック・ブシュロンの時代を捉える類まれなる感性は今も受け継がれ、リングひとつにも息づいています。

ブシュロン重ねづけ1

新作のシンプルなソリテールに、ファセットカットをイメージしたリングとエタニティをセットしてオリジナリティを。
左から
【エンゲージ】ビーラブト(\421,200 ~)
【マリッジ】ファセット(\160,920 ~) / キャトル ラディアント(\450,360 ~)

ブシュロン重ねづけ2

表情の違う4本のリングを、ホワイト、イエロー、ピンクの3カラーでまとめた自分らしさがあふれる組み合わせ。
左から/ ファセット(\324,000~) / ポワント ド ディアマン(\172,800~) / キャトル ラディアント(\594,000~) / セルパンボエム(\92,880~)

ショパール(Chopard)

ショパール重ねづけ1

アイスキューブを2本セットにした、存在感のある重ねづけ
上から
【エンゲージ】アイスキューブ(\425,000~)
【マリッジ】アイスキューブ(\285,000~)

ショパール重ねづけ2

大粒のダイヤが並ぶエタニティを2本つけてラグジュアリーに仕上げる。
左から
【エンゲージ】フォーエバー(\435,000 ~)
【マリッジ】タイムレス ローズゴールド(\1,350,000 ~) / タイムレス イエローゴールド(\1,350,000 ~)

フォーエバーマーク(Forevermark)

フォーエバーマークの基準を満たすダイヤモンドは世界中の1%未満。美しさで選び抜かれたデビアスグルームのダイヤモンドブランド。
リッチな輝きの重ねづけは「違うテイスト」をMIXするのが、こなれて見せるポイント。

フォーエバーマーク重ねづけ1

ダブルエタニティで輝きUP♪。大きさの異なるエタニティを重ね、輝きのコントラストを楽しんで。
【エンゲージ】(\495,000)【マリッジ】(\650,000)

フォーエバーマーク重ねづけ2

辛口リングで甘さを中和♪。甘いリボンモチーフは、マーキーズ型の辛口リングで引き締めて。
【エンゲージ】(\424,000)【マリッジ】(\290,000)

シエナ(SIENA)

熟練の職人さんがハンドメイドで仕上げた”ぬくもり”あふれるシエナのリング。繊細なフォルムは重ねづけしやすく、バリエーションも多彩なことから地金のMIXや、3本、4本重ねるレイヤードも人気。

シエナ重ねづけ1

同じ幅のシャンクでシンクロ。違う色の地金を重ねるときは、シャンクのデザインや幅をシンクロさせると、まとまって見えます。
【エンゲージ】(\372,000)【マリッジ】(\174,000)

シエナ重ねづけ2

花×シンプルが好バランス。有機的なフラワーデザインのエンゲージは、シンプルなワンポイントダイヤのマリッジでさりげなく引き立てて。
【エンゲージ】(\211,000)【マリッジ】(\57,000)

ポンテヴェキオ(Ponte Vecchio)

2本のリングを「愛し合う二人に見立てたレイヤードスタイル」。重ねることでさらに輝きが増し、ストレスを感じない抜群のフィット感も人気の理由。

ポンテヴェキオ重ねづけ1

V字シャンクでハートを支えて。ハートの先端がマリッジのV字にぴたりと収まる計算され尽くしたデザインはさすがです。
【エンゲージ】(\505,500~)【マリッジ】(\157,000)

ポンテヴェキオ重ねづけ2

品格漂うシンプルコーデ。純度99.9%の純プラチナ「ピュアプラチナ999」を使用した、凜とした美しさが漂う品格レイヤード。
【エンゲージ】(\284,000~)【マリッジ】(\145,000)

銀座ダイヤモンドシライシ

エンゲージリングとマリッジリングの「重ねづけを前提」に作られたセットリング。重ねていることを忘れてしまうほど軽いつけ心地を体感して。

銀座ダイヤモンドシライシ1

大人の甘辛ミックス。優美なラインを描くメレーダイヤがアクセントに。
【エンゲージ】(\322,000)【マリッジ】(\125,000)

銀座ダイヤモンドシライシ2

輝きが際立つミニマムコーデ。上質のダイヤモンドだから可能な、輝きを生かしたシンプルなリング同士のコーデ。
【エンゲージ】(\801,000)【マリッジ】(\270,000)

ニナ リッチ(Nina Ricci)

パリのエスプリが効いたエレガントなリングは、緩やかなカーブが女性の指を美しく見せる絶妙のフォルム。レイヤードしても損なわれない軽やかなスタイルも見事。

ニナ-リッチ1

シャンクの表情で魅せて。内側にピンクゴールドが施されたマリッジでエンゲージの愛らしい表情を引き出して。
【エンゲージ】(\325,000)【マリッジ】(\80,000)

ニナ-リッチ2

ひねりのデザインをリンク。らせん状の縄目模様をリンクしてレイヤード。フランスの建築を思わせる、エレガントスタイルを指先で完成させて。
【エンゲージ】(\262,000)【マリッジ】(\128,000)


もっとブランドを見る

指輪ブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


検索

最新の記事一覧

人気カテゴリ


化粧品・美容ブランド

ネックレス ブランド

指輪ブランド

女性 財布ブランド

レディースブランド一覧




  • プレゼント×アンケート投票

    誕生日プレゼントで貰って嬉しいものといえば?


    現在の結果だけを見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に