インディアンジュエリー

出典:http://asbs.jp/

 

シンプルスタイルに合わせるだけで、グッと今年らしくこなれた印象に仕上げてくれる最近注目のインディアンジュエリー。

 

今回は女性に支持されるオシャレなインディアンジュエリーブランドや選び方のコツなど、初心者の方のために必要な基礎知識も交えて紹介しています。

目次(もくじ)

①インディアンジュエリーの基礎知識

②女性に人気のインディアンジュエリーブランド10選

1.アルポ

2.サンシャインリーブス

3.パットペドニー

4.オーヴィルツィニー

5.レイアダカイ

6.ベロニカベナリー

7.オービルホワイト

8.ホワイトバッファロー

9.ラリースミス

10.アリゾナフリーダム

①インディアンジュエリーの基礎知識

インディアンジュエリーって

Q1.そもそも”インディアンジュエリー”って何?

もとはネイティブアメリカンたちのお守り的な装飾品で、貝や天然石で作られていたもの。

 

その後シルバーが主流となり、1920~1940年代にフレッドハービー社という会社が鉄道の主要駅にホテルを作り、おめやげとして扱ったことで全米に広まりました。

この時代に作られたものはフレッドハービースタイルと呼ばれ、ラルフ・ローレンが収集したことでも有名です。

Q2.どういう特徴がありますか?

模様が刻まれた鏨(たがね)をシルバーに刻印する「スタンプ」というナバホ族の技術、2枚のシルバーを重ね合わせた「オーバーレイ」と呼ばれるホビ族の技術。

 

天然石などをカットしてシルバーにはめ込んで柄を完成させる「インレイ」と呼ばれるズニ族の技術が、代表的な3代技術として世界的に評価されています。

Q3.色々な柄があるけれどモチーフはどこから?

インディアンジュエリー種類

出典:http://critem.exblog.jp/

 

太陽や花、水、雲、雷、雨、地形、星、月など天然由来のもの。それから、イーグルやサンダーバードなど動物由来のものがあります。

 

ナジャと呼ばれる伝統的なモチーフは、月や女性の子宮を表すなど諸説あり、子孫繁栄や魔除けの意味が込められています。

有名なところで言えば、ナバホ族のサンバーストと呼ばれるデザインは太陽を表しています。

Q4.なんで高いものと安いものがあるの?

アーティストそれぞれが自由に値付けしているので、作家によって値段が全く異なることも理由のひとつ。

 

トレーディングポストと呼ばれる市場でバイヤーが買い付ける値段にもよります。またターコイズなど石があしらわれている場合は、その石が粉末を固めて作られたものか、一個を丸ごと使っているかという違いで値段が大きく変わります。

 

②女性に人気のインディアンジュエリーブランド10選

数あるインディアンジュエリーの中でも、特に人気のあるブランド(アーティスト)はこの7つ。
それぞれ個性の光る逸品ばかりで、持っていると一目置かれること間違いなしです!

アルポ(HARPO)

アルポ

出典:http://www.j-connection.jp/

 

■シンプルスタイルに映える「ターコイズ」が魅力。

ネイティブアメリカンの意思を受け継ぐフランス人デザイナーが手がけるジュエリーブランド。

お値段良心的で女性らしく身に着けられるから、インディアンジュエリーを気軽に楽しみたいという人にもオススメ。ターコイズはアメリカの鉱山で採取された希少なものを使っています。

ブレスレット:5千円~1万円
ピアス:5千円~1万円
ネックレス:1万円~2万円
バングル:1万円~2万円

 

サンシャイン・リーブス(SUNSHINE REEVES)

サンシャイン・リーブス

出典:http://asbs.jp/

 

■初心者にも取り入れやすい繊細なデザイン。

ナバホ族のトップアーティスト。大手セレクトショップのBEAMSでもコラボ商品を作るなど、日本でも馴染みのあるブランド。細かくシルバーを埋めていくスタンプワークが際立ちます。

リング:2万円~4万円
バングル:3万円~8万円
ペンダント:3万円~5万円
コンチョ:1万円

 

パット・ベドニー(Pat bedonie)

パット・ベドニー

 

■女性がプロデュースする繊細なサンバーストモチーフ。

ナバホ族の女性アーティストが作り上げる、伝統的なサンバーストモチーフが代表的な作品。女性にも取り入れやすいデザインなのが嬉しいポイント。

バングル:4万円~20万円

 

オーヴィル・ツィニー(ORVILLE TSINNE)

オーヴィル・ツィニー

出典:http://its12midnight.com/

 

■無駄を削ぎ落したシンプルさが上品な佇まい。

40年以上の経験を持つベテラン作家が手がける。ナバホ族の特徴であるスタンプワークという技法を得意とし、その重厚感や厚みのあるシルバー使いが特徴。

リング:5万円~6万円
バングル:5万円~7万円

 

レイ・アダカイ(RAY ADAKAI)

レイ・アダカイ

出典:http://loftman.co.jp/

 

■ハッと目を引くディティールの凝った作品が中心。

色とりどりの石を多用したり、内側を彫るチャールズロロマスタイルを用いるなど、ディティールの良さに定評のあるナバホ族の人気アーティスト発のブランド。
作品製作に必要なスタンプ等の道具、 パーツにいたるまで、すべて自らの手作りにこだわっています。

バングル:2万円~6万円

 

ベロニカ・ベナリー(Veronica Benally)

ベロニカ・ベナリー

出典:http://wasteville.blog134.fc2.com/

 

■手元を華やかに彩るモザイクインレイワークに魅了。

立体的な石のカットと鮮やかな色彩を組み合わせた、女性らしさあふれるインディアンジュエリーをリリース。
ロサンゼルスやフェニックスのショーでベストアワードを受賞するほどの実力派でもあります。

リング:2万円~~4万円
ペンダント:1万円~3万円
バングル:5万円~6万円

 

オービルホワイト(ORVILLE WHITE)

オービルホワイト

出典:http://shop.malaika.jp/

 

■プライスもお手頃だから手軽に楽しめます。

正確で均一なスタンプが素晴らしいナバホ族の老舗ブランド。特にサンバーストを描く放射状の美しさは一見の価値あり。
存在感がありながらもシンプル、良心的な価格も相まって”はじめてのインディアンジュエリー”にもオススメ。

リング:1万円~4万円
バングル:1万5千円~4万円

 

ホワイトバッファロー

ホワイトバッファロー

 

■希少価値の高い「聖なる白い天然石」をアクセサリーに昇華。

ネイティブ・アメリカンの伝説の中に登場する神の化身「ホワイトバッファロー」の名を冠したインディアンジュエリーブランド。
作品はキャリア数十年の熟練職人の手仕事により製作。特にナバホ族の代表的な技法であるスタンプワークの繊細さは抜群。

ネックレス:3万円~8万円
リング:4万円~7万円
バングル:2万円~12万円

 

ラリースミス

ラリースミス

 

■伝統技法を用いたクラシカルな佇まい。

1870年代~1940年代のものをモチーフにしつつ現代風にアレンジを加えたデザインが光る、2010年創業のインディアンジュエリーブランド。
ブランド開始からファッション感度の高い人々に評価され、インディアンジュエリーの本場「アルバカーキ」のショーに出展するなど、今1番勢いのあるブランドです。

ネックレスチャーム:1万円~7万円
リング:1万5千円~6万円
バングル:3万円~10万円

 

アリゾナフリーダム

アリゾナフリーダム00

 

■自然をテーマにしたナチュラル系が持ち味。

インディアンジュエリーブームの火付け役として一躍有名になった日本のアクセサリーブランド。
「自然との共生」をブランドコンセプトに、陽神や唐草模様などの”自然を感じさせる”モチーフが有名。その他、フェザーやイーグルといったインディアン系も充実しています。

ペンダントトップ:5千円~4万円
リング:1万円~3万円
バングル:1万円6万円

もっとブランドを見る

ジュエリーブランド

サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


検索

最新の記事一覧

人気カテゴリ


化粧品・美容ブランド

ネックレス ブランド

指輪ブランド

女性 財布ブランド

レディースブランド一覧




  • プレゼント×アンケート投票

    誕生日プレゼントで貰って嬉しいものといえば?


    現在の結果だけを見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に