インナーダウン レディース

 

「ブランド・定番モデル・基礎知識」の3本立て!

最近じわりと街に浸透してきている「インナーダウン」。

 

アウターとしてはもちろん、コートなどのインナー(防寒性&おしゃれ度アップ)としても使える、1着で2度おいしい着回し力が人気のヒミツ。

 

今回はそんな『インナーダウンの人気ブランドランキングTOP15』をはじめ、インナーダウンの種類など基礎知識も紹介!

目次(もくじ)

①インナーダウンの基礎知識

インナーダウンとは?

インナーダウンの種類〈定番3つ〉

 

インナーダウンの人気ブランドランキングTOP15

■1位:ダントン【定番】

■2位:ユニクロ【プチプラ】

■3位:モンベル【コスパ優秀】

■4位:無印良品【高品質&安い】

■5位:23区【上品】

■6位:ザ・ノース・フェイス

■7位:ピレネックス【高級】

■8位:トラディショナルウェザーウェア【大人】

■9位:シュタンバウム

■10位:パタゴニア

■11位:スノーピーク×スティーブンアラン

■12位:アーバンリサーチドアーズ

■13位:ポロ ラルフローレン

■14位:ダブルスタンダードクロージング

■15位:ヤン マイエン

 

①インナーダウンの基礎知識

インナーダウンとは?

インナーダウン

 

コート等のインナーとしても使えるダウンウェアのこと。

一般的なダウンよりも薄くて軽く、1枚着でも使えるので秋・冬・春の3シーズン長く活躍してくれます。ファッション業界では2016年あたりから人気に火が付き、今では定番化しています。

 

インナーダウン 重ね着

 

インナーとして使う場合は、トレンチやチェスターなどのコート類に合わせるのが王道。また、ロングカーディガンのインナー(写真左)もOK。

インナーダウンの種類〈定番3つ〉

トップス型

インナーダウン トップス型

 

カーディガン感覚で使える定番型。いま1番数が多く、着回し力も高いので初心者の人にもおすすめです。

 

ダウンベスト型

インナーダウン ベスト型

 

袖部分がないスポーティなベスト型。どちらかといえばカジュアルが好きな人におすすめ。

 

コート型

インナーダウン コート型

 

上品に着こなせるコート型。最近数が増えている注目株で、インナーとして使う場合は「コートIN」が基本です。

 

②インナーダウンの人気ブランドランキングTOP15

アンケート結果

インナーダウンならココ!
貴女が1番欲しい or おすすめのブランドは?

  • ダントン (27%, 370 票)
  • ユニクロ (17%, 229 票)
  • モンベル (9%, 130 票)
  • 無印良品 (9%, 122 票)
  • 23区 (8%, 116 票)
  • ザ・ノース・フェイス (7%, 98 票)
  • ピレネックス (6%, 77 票)
  • トラディショナルウェザーウェア (4%, 54 票)
  • シュタンバウム (4%, 49 票)
  • パタゴニア (3%, 45 票)
  • スノーピーク×スティーブンアラン (2%, 25 票)
  • アーバンリサーチドアーズ (2%, 24 票)
  • ポロ ラルフローレン (1%, 18 票)
  • ダブルスタンダードクロージング (1%, 12 票)
  • ヤン マイエン (0%, 5 票)

アンケートの総投票数: 1,374

読み込み中 ... 読み込み中 ...

【1位】ダントン(DANTON)

ダントン

 

「インナーダウンの名品」ブランドといえばココ!

ダントンは「フレンチテイスト×本格仕様」が魅力の、フランスの老舗ワークウェアブランド。インナーダウンはブランドの代名詞的なるアイテムで、様々なファッション雑誌での紹介、そしてセレクトショップ別注も多い名品です。

ダントン×名品インナーダウン3選!

ダントン インナーダウン

 

クルーネック インナーダウンジャケット

毎年完売する「インナーダウンの名品」として有名な鉄板モデル。微光沢のナイロン生地は上品かつ高級感があり、ステッチの幅は細すぎず太すぎず絶妙で、カジュアルにもキレイめにも振れます。
ボタンとファスナーは同色でクセがなく扱いやすい仕様に。裾はドローコードで調整できるのも◎。
■16,800円 / 6色

 

ダントン インナーダウン2

 

インナーダウン コート

Aラインのシルエット×ゆるやかなVネックで“1枚でも女らしくてオシャレに見える”所が人気のヒミツ。30代~40代の大人世代(ママ・OLを問わず)からも支持される逸品です。
生地はクルーネック版と同じで品も良し♪
■18,800円 / 5色

 

ダントン インナーダウン3

 

インナー ダウンベスト

フーディ(パーカー)やボーダーと合わせやすく、カジュアルな着こなしが多い人にはベスト版がおすすめ。もちろんコートやジャケットを羽織れば「インナーダウン」にも早がわり♪
■13,800円 / 4色

>> ダントン通販サイト(ZOZOTOWN)

 

 

【2位】ユニクロ(UNIQLO)

ユニクロ

 

「はじめてのインナーダウン」にも丁度いい王道ブランド

プチプラのユニクロは、今ほど注目される前から「インナーダウンを提唱し続けていた」立役者とも言うべき存在。特に薄くて軽いウルトラライトダウンは、インナーダウンの定番として有名です。
また、毎年サイズ感やデザインを改良しており、よりINして着やすく進化しています!

ユニクロ×名品インナーダウン3選!

ユニクロ インナーダウン1

 

ウルトラライトダウン コンパクトコート

毎年アップデートを重ねて発売される定番モデル。インナーとして合わせやすいようデザインされていて、キレイめなノーカラーなので、他のコートとも合わせやすく、一枚で着てもサマになります。
■6,990円 / 5色

 

ユニクロ インナーダウン2

 

ウルトラライトダウン コンパクトジャケット

今年はVネックにできる2WAY仕様になって、ますます活躍する場が増えた「インナーダウンの名品!」。コートはもちろん、流行のCPOジャケットやフリースジャケットなど、薄手×ミニマルで合わせやすさ抜群!
ベージュやブラウンなどのニュアンスカラーは「メンズもの」で展開しているので要チェック。
■5,990円 / 8色

 

ユニクロ インナーダウン3

 

ウルトラライトダウン ボリュームベスト

軽くてボリューム感のある定番ダウンベスト。同じカジュアル系統のボア(フリース)コートのインナーダウンや、コートのカジュアルダウンに便利。
〈コーデ〉存在感を出さないよう、黒やネイビーもいいけれど、茶色コーデが多い今季はベージュが使える。
■5,990円 / 5色

>> ユニクロ公式サイト

 

 

【3位】モンベル(mont-bell)

モンベル

 

本格ダウンなのに1万円台だし、使いやすさも◎

モンベルはコスパ優秀な日本の総合アウトドアブランド。高品質・高性能ながら手頃な価格と、飽きのこないシンプルさが魅力。インナーダウンは『BEAMS』で取り扱われるくらい定評があります。

モンベル×名品インナーダウン2選!

モンベル インナーダウン1

 

スペリオダウン ラウンドネックジャケット Women’s

とっても軽いのに極上の暖かさを保つ最高品質「800フィルパワー」ダウンを採用。品のよいキルティングステッチはコートにも合わせやすいです。
インナーとして使いやすいよう、体にフィットするようなシルエットを採用しています。
■10,400円 / 3色

 

モンベル インナーダウン2

 

スペリオダウン ラウンドネックジャケット Men’s

メンズものだけど女性愛用者も多数(サイズはXS~XLまで)! さらに、BEAMSにレディース向けが別注されるほどの人気があります。※機能性はレディース版と一緒です。
■10,800円(別注モデルは14,000円) / 4色

>> モンベル公式サイト

 

 

【4位】無印良品(むじるし)

無印

 

「アウトドアブランド並みの暖かさ」なのに安い!

ベーシックの定番ブランド『無印』。実はインナーダウンには、軽さと暖かさを両立する「オーストラリア産のダウン」を使っています。
ダウンの膨らみを表す数値であるフィルパワーが750もあり、街からアウトドアまでシーンを選ばないのも魅力です!

無印×インナーダウンの魅力!

オーストラリア産のダウンで、高性能な軽量ポケッタブル仕様

フィルパワーが750と高品質で、一般的ダウンよりも軽量でふんわりと膨らみがあるのが特長。また、ダウンの内側についたポケットに収納可能なポケッタブルタイプです。

無印×名品インナーダウン3選!

無印 インナーダウン1

 

ポケッタブル ノーカラーベスト〈軽量オーストラリアダウン〉

買いやすいプライスなので、発売後すぐ評判になった注目アイテム! 秋口に羽織ったり、冬本番になってきたらコートの下でインナーダウンとしても大活躍。内側のポケットに畳んで収納すれば、コンパクトに持ち運べる逸品です。
〈コーデ〉ワイドパンツにグレーのリブニットをインして、シックにまとめて。
■2,719円 / 5色

 

無印 インナーダウン2

 

ポケッタブル ノーカラーブルゾン〈軽量オーストラリアダウン〉
表面にステッチが見えないので、カジュアルすぎず大人っぽく着こなせるのが魅力。テイストを問わず幅広い着こなしにマッチ。こちらもポケッタブル(畳める)から旅行先でも便利! アウトドアからタウンユースまで幅広く使えます。
■5,545円 / 5色

 

無印 インナーダウン3

 

ポケッタブルコート〈軽量オーストラリアダウン〉

ステッチが表に見えない三層構造で、きれいめに着られて女性らしい印象。ダウンコートがカジュアルすぎると感じていてコンサバさんにもオススメです。すっきりとしたネックラインもスタイリッシュ。
■7,399円 / 3色

>> 無印良品 公式サイト

 

 

【5位】23区(ニジュウサンク)

23区

 

高級感とエレガントさを備えた「上質インナーダウン」

コンサバリッチなアウターが揃う、オンワード樫山(日本の大手アパレルメーカー)の30代・40代女性向けブランド。インナーダウンは、主役にもなる。欲張りな大人の理想を形に♪
モダンな光沢感のハイテク素材で、深く鮮やかな色合いも表現。コートのINに合わせても寒さ対策に見えず、オシャレ・レイヤードとして完結します。

23区×名品インナーダウン2選!

23区 インナーダウン2

 

シレータフタツイル キルティングコート

ソフトで柔らかな肌触りのキルティングタフタ素材を使用、軽く保温性にも優れ、中綿も型崩れしにくいという特性も。旅行などの持ち運びにも助かる存在。
〈コーデ〉右:魅力的な色合いのキャメルで、デニムもすっかり旬顔。左:この長さがあれば腰まわりもあったか、冬のレジャーにも大活躍。
■39,000円 / 2色

 

23区 インナーダウン2

 

キルティングタフタコート ショート

ジャケット感覚で着こなせるショート丈。袖部分は身頃より薄い中綿を使用しているので、アウターにひびかずに動きやすさもバッチリ。
〈コーデ〉ブラックのモダンな艶感で、スポーティながらも品を感じさせる着こなしに。モノトーンコーデにもメリハリ! ノーカラーなのでストールなどの冬小物も合わせやすく。
■36,000円 / 2色

>> 23区 公式サイト

 

【6位】ザ・ノース・フェイス

ノースフェイス

 

雪山でも頼れる高機能でいて都会的♪

アメリカの一大アウトドアブランド『ザ・ノースフェイス』は、日本で“タウンユースできるアウトドアウェア”としてブームになり、今や街中でもよく見かける定番的存在。
ちょっと高いですが、それに見合った本格機能に加え、一目置かれるブランドバリューを兼ね備えています。

ノースフェイス×名品インナーダウン2選!

ノースフェイス インナーダウン

 

ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン

表地は冷気をシャットアウトしつつ服内のムレは排出する「ゴアテックス INFINIUM(高機能生地)」を使い、ダウンは遠赤外線効果でナチュラルな暖かさを保つ「クリーンダウン」を採用。
1枚でも暖かく快適なのはもちろん、着まわしやすいノーカラーの定番インナーダウンです。
■28,000円 / 3色

 

ノースフェイス インナーダウン2

 

ウインドストッパーゼファーシェルコート

今年から定番モデル(今までは限定)に昇格したインナーダウンコート。
機能は上記モデルと同じく高性能。少しウエストがシェイプされており女性らしく着こなせます。
■30,000円 / 3色

>> ザ・ノース・フェイス公式通販サイト

 

 

【7位】ピレネックス(PYRENEX)

ピレネックス

 

ステイタスも備わる「高級ダウンブランド」の1着

フランス産の上質なダックダウンが実現する高い保温性と、計算された美しいシルエットで人気の『ピレネックス(フランスのダウンブランド)』。
今シーズンはユナイテッドアローズやビームスなど、おなじみのセレクトショップでも手に取ることができます。

ピレネックス×名品インナーダウン!

ピレネックス インナーダウン

 

カンヌ(CANNES)

ブランド最軽量ダウン。首の詰まった服とも重ねやすいようにノーカラーの開きは広め。袖も腕に沿ってカーブしているのでコートの中でも動かしやすいなど、冬のレイヤードを考慮した工夫が光る「カンヌ」。
防寒性の高いウルトラライトタフタの中にたっぷりとダウンを詰め、薄手でもしっかり暖か。価格も挑戦しやすいので、迷っている人はこの一枚から始めてみても。
〈コーデ〉タートルネックとも好印象。
■40,000円 / 3色

>> ピレネックス公式サイト

【関連記事】>> ピレネックスの人気モデル・魅力を紹介!

 

 

【8位】トラディショナルウェザーウェア

トラディショナルウェザーウェア

 

大人にハマる「イギリスらしい空気感」が魅力

コートで有名な英国『マッキントッシュ社』のデイリーウェアブランドで、イギリスらしい品と格を日常に落とし込んでいます。雑誌掲載は「VERY、Oggi、Domani」など、主にプレミアム感を求める30代~50代女性に支持されています。

トラディショナルウェザーウェア×名品インナーダウン2選!

トラディショナルウェザーウェア インナーダウン

 

ARKLEY(アークリー)

コンパクトな丸襟デザインでアウターとしてはもちろん、中間着としても着用可能です。パイピングやボタンにもこだわり、アウターとしても十分に魅力的なデザイン……。ストールやマフラーなどの首もとのアクセサリーとも相性よし♪
■23,000円 / 6色 ※コート版もあります。

 

トラディショナルウェザーウェア インナーダウン

 

MILNER(ミルナー)

きれいめなショート丈ダウン。ノーカラーだから、1枚ならニットワンピと合わせてもすっきりとした印象に。
〈コーデ〉ベーシックカラーコーデの中で、ぱっと目を引く小粋な効かせ色! 前ボタンのノーカラータイプなら、カーディガンのような見え方に。
■47,000円 / 2色

>> トラディショナルウェザーウェア公式サイト

 

 

【9位】シュタンバウム(STAMMBAUM)

シュタンバウム

 

インナーダウンはセレクトショップ別注も多い「隠れた名品」

高品質な「MADE IN JAPAN(日本製)」にこだわるダウンの隠れた名ブランド。 使われるダウンは最高級のハンガリーグースダウンを使っており、薄手ながらも保温性・弾力性に優れています。

シュタンバウム×名品インナーダウン!

シュタンバウム インナーダウン

 

インナーダウン

ジャーナルスタンダード、アメリカンラグシーなどにも別注される人気のインナーダウン。クルーネックの細身ダウンは、さながらジャケットの佇まい。
上品な光沢のあるポリエステル生地を使っているので“一枚でもキレイめ”に着こなせます。インナーダウン初心者にもおすすめです。
〈コーデ〉コートとダウンの色をまとめれば自然とまとまります。
■23,000円 / 2色

>> シュタンバウム通販サイト(ZOZOTOWN)

 

 

【10位】パタゴニア(Patagonia)

パタゴニア

 

意外と「メンズもの」が狙い目!

アメリカの有名アウトドアブランド『パタゴニア』。街ではノース・フェイスと並び「おしゃれさん御用達」のアウトドアウェアブランドとして認知されています。

パタゴニア×名品インナーダウン!

パタゴニア インナーダウン

 

ダウン セーター フーディ プルオーバー

女性愛用者も多い、メンズもののプルオーバータイプ。軽めで暖かく、パーカー代わりに着られるデザインはコンパクトで着ぶくれ感なし。コートのINにもトップス感覚で取り入れられます。
〈コーデ〉左:公園やアウトドアなど外遊びにも十分。中:公園で子供の自転車のお付き合い。防寒も差し色もばっちり。右:柄コートにINして新鮮コーデ。
■32,000円 / 5色(メンズ)

>> パタゴニア公式サイト

 

 

【11位】スノーピーク×スティーブンアラン

スノーピーク×スティーブンアラン

 

「クオリティ×デザイン」を兼ねた特別なライン!

日本の高機能アウトドアブランド『スノーピーク』と、ニューヨーク発の洗練ブランド『スティーブンアラン』とタッグを組んだライン。
日本で取り扱うユナイテッドアローズから発売される毎年特別なラインで、両ブランドの”いいとこ取り”をした上質ダウンを毎年発売しています。

スノーピーク×スティーブンアランの名品インナーダウン!

スノーピーク インナーダウン

 

薄手で動きやすく暖か。Vネックだから、チェスターやニットコートと合わせても、衿元から見えにくい。
〈コーデ〉ボーダーアウターにだって、こんなに自然になじみます。
■20,000円 / 3色

>> スノーピーク×スティーブンアラン特設サイト(ユナイテッドアローズ)

 

 

【12位】アーバンリサーチドアーズ

アーバンリサーチドアーズ

 

大人の日常になじむ「きれいめインナーダウン」

ちょっと良いものを選びたい…、そんな大人に支持される大手セレクトショップ『アーバンリサーチ』の日常ライン。“心地よい暮らし”をテーマに、上質なデイリーウェアを提案。
オリジナルのインナーダウンは、スタイリスト、インスタグラマーさんなどプロが愛用する隠れ名品です。

アーバンリサーチドアーズ×名品インナーダウン!

アーバンリサーチドアーズ インナーダウン

 

インナーダウンジャケット

毎年の定番モデルとして発売されているブランドオリジナルのインナーダウン。きれいなVネックのミニマルなデザイン。後ろ身頃は長めになっていて、1枚だとシャツのような“きちんと感”があります。
■11,000円 / 3色

>> アーバンリサーチ ドアーズ公式サイト

 

 

【13位】ポロ ラルフローレン

ポロ ラルフローレン

 

ひと目で上質さが分かるワンランク上のインナーダウン

キッズなど家族ぐるみでファンの多いアメリカブランド『ポロ ラルフローレン』。ジャケットやシャツなど殿堂入りの名品はもちろん、一見しただけで良さが感じられるライトダウンやニットにも注目です。

ポロ ラルフローレン×名品インナーダウン!

ポロ ラルフローレン インナーダウン

 

ライトウェイトダウン

さらっと羽織るだけでサマになるコンパクトさが嬉しいインナーダウンは2種類展開。
ウールコートのライナーとして着たとき、ちらっと見えたとき「いいもの♪」だとすぐわかる程の高品質。もちろん1枚でもオシャレだから、長くたくさん着ていけます。
〈コーデ〉こちらはベスト版。カジュアルにはもちろん、こんなレディライクなワンピースに合わせるのもおすすめ。
■28,000円(ダウンベスト) / 34,000円(ダウンジャケット)

>> ポロ ラルフローレン公式サイト

 

 

【14位】ダブルスタンダードクロージング

ダブルスタンダードクロージング

 

シャープな大人の女性をイメージした、モードカジュアルなブランド。普通では終わらないエッジを効かせたデザインなどが得意です。

ダブルスタンダードクロージング×名品インナーダウン!

ダブルスタンダードクロージング インナーダウン

 

ダウンジレ

「ジレ」という名前のとおり薄く仕立てられたダウンは、肩の部分がコットン切り替えになっていて1枚でも様に。フード周りには上品なムートンをON。
フード付きなので、ノーカラーコートや首元が深く開いたコートのときの防寒&ニュアンスづけに重宝。ベストなら肩まわりも着ぶくれせず安心。
■29,000円 / 2色

>> ダブルスタンダードクロージング公式通販サイト

 

 

【15位】ヤン マイエン(JAN MAYEN)

ヤン マイエン

 

スタイリッシュに着こなせるイタリアダウン

2016年に日本へ本格上陸したイタリアの高級ダウンブランド。イタリアらしい「着膨れ知らずの美人ダウン」に定評があり、本物志向な品質を買い求めやすい価格で提供しています。

ヤン マイエン×名品インナーダウン!

ヤン マイエン インナーダウン

 

最高級の素材と実用性にこだわり、軽さと暖かさを追求。
薄手でもかなりの保温性があるこのインナーダウンなら、チェスターコートなどややスリムのコートでも着ぶくれせず、スタイリッシュにあったか♪
■46,000円 / 2色

>> 公式サイトなし

 

 

「コート&アウターブランド」の人気記事♪

『憧れブランド~コスパ系まで!』コートの人気ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『着ぶくれせず都会的!』ダウンコートの人気ブランドランキングを発表。

記事の続きを読む »

『サマになる極上品♪』ダウンベストの人気ブランドランキングを発表。

記事の続きを読む »

『真冬でも寒くない!』ダウンジャケットの人気ブランドランキングを発表。

記事の続きを読む »

 


もっとブランドを見る

アウター ブランド 服ブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


ページ上部に