ノートブランド

 

女性も男性も必見な「高級ノート」が勢揃い♪

使いきりのノートの気軽さもいいけれど、たまには気分を変えて装丁や紙にこだわった、ちょっと贅沢な高級ノートを使うのもいい。

 

 

ゆったりとした時間に、お気に入りのペンで文字を書き込むと、ちょっぴり幸せを感じてしまう。そんな『高級ノートの人気ブランドランキング20選』+『おすすめブランド10選』を紹介しています。

 

 

有名な文具ブランド~憧れのハイブランドなどなど、自分用はもちろんプレゼント選びにも最適です。

目次(もくじ)

①高級ノートの人気ブランドランキングTOP20

アンケート結果

■1位:ライフ【定番】

■2位:マルマン【大人】

■3位:ルイヴィトン【ハイブランド】

■4位:モレスキン【仕事】

■5位:クレールフォンテーヌ【おしゃれ】

■6位:アピカ

■7位:エルメス

■8位:スマイソン【本革】

■9位:コクヨ

■10位:ツバメノート【大学ノート】

(他 10ブランド)

 

②高級ノートのおすすめブランド10選

ロディア

クオバディス

G.LALO

トライストラムス

ナカバヤシ

(他 5ブランド)

高級ノートの人気ブランドランキングTOP20

アンケート結果

プレゼントにも嬉しい♪
高級ノートで1番好き、または人気があるブランドは?

  • ライフ (12%, 200 票)
  • マルマン (11%, 182 票)
  • ルイヴィトン (10%, 166 票)
  • モレスキン (9%, 160 票)
  • クレールフォンテーヌ (8%, 139 票)
  • アピカ (8%, 134 票)
  • エルメス (7%, 121 票)
  • スマイソン (7%, 118 票)
  • コクヨ (6%, 104 票)
  • ツバメノート (5%, 84 票)
  • 美篶堂 (5%, 81 票)
  • ハイタイド (3%, 47 票)
  • ペーパーブランクス (2%, 42 票)
  • ミドリ (2%, 41 票)
  • ドレスコ (2%, 29 票)
  • エトランジェ ディ コスタリカ (1%, 25 票)
  • ロイヒトトゥルム 1917 (1%, 24 票)
  • ポスタルコ (1%, 14 票)
  • MUCU (1%, 12 票)
  • センス オブ スタイル (0%, 6 票)

アンケートの総投票数: 1,729

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 

 ランキング(アンケート投票数順) 
●総投票数:1729票
1
ライフ(LIFE)

 
公式サイト:http://life-st.jp/
 
 創業:日本   予算:500円~3000円 

ライフについて

素朴で温もりのあるたたずまい。
ライフは、1946年に斎藤商店という名の文具紙製品の製造卸業者として東京に開業。現在は原稿用紙、ノート、レターセット、手帳など約3000種類もの製品を輩出しています。
ノートは、素朴で親しみやすい装丁。製本は1冊1冊手作業で行っていて、随所に職人の温もりを感じることができます。

ライフで人気の高級ノート

life-note1
 
ノーブルノート
下町の職人の手で丁寧に作られている「高級ノート」シリーズ。佇まいが美しく、開きやすく、かつ丈夫、そして書き心地が素晴らしい逸品。
オリジナルのライティングペーパーは、多くの専門家や販売店の声に耳を傾けて作り上げた自慢の紙。これを20以上もの工程で製本し仕上げています。
■定価:900円(A5)


life-note2
 
ライティングペーパー
インクのにじみや裏抜けがほとんどなく、書き心地の良い紙として定評のある「バンクペーパー」を丁寧な糸がかり綴じで製本。
表紙はレザー風の手触りが印象的な高級印刷用紙を使っています。
■定価:800円(A5)


life-note3
 
ヴィンセント
書きやすさに定評のあるリングノート。
本文用紙は高級書籍用紙「OKシュークリーム」。手に吸い付くようなしっとりとした紙表面が特徴で、鉛筆やシャープペンシルで滑らかにするすると筆記できます。
厚い表紙は本文用紙を守るため一回り大きいカットを施しています。
■定価:600円(A5)

200票(12%)



2
マルマン(Maruman)

 
公式サイト:http://www.e-maruman.co.jp/
 
 創業:日本   予算:500円~2000円 

マルマンについて

書き味の良い紙にこだわる国産ブランド。
1920年、学習用スケッチブックの製造販売会社として東京にて創業。「人と紙の関係」をテーマに掲げ、スパイラルノートやルーズリーフ、スケッチブックなどを生産してきました。
特に紙にはとことんこだわり、日本のきれいな水を使用した純国産紙を使用。インク詰まりのない滑らかな書き味で、書き手に負担を与えません。

マルマンで人気の高級ノート

maruman-note1
 
ニーモシネ
黒表紙に金文字でロゴを配置した、重厚で落ち着いた佇まいは知的な雰囲気。「大人の使用に耐えうるビジネスノート」として定着しています。
本文用紙はマルマンの「国産オリジナル筆記用紙」を採用しています。
■定価:550円(A5)


maruman-note2
 
カバーノート
カバーに金色の角金をつけた高級感あふれるノート。
本文用紙は上品なクリーム色の中性紙を採用。年月が経っても変色せず、保存性が良いです。カバーノート用の差し替えノートもあります。
■定価:1450円(A5)


maruman-note3
 
ボストンノート
2011年に「万年筆に最適な紙を採用」してリニューアル。オリジナルの上質紙「MPS964」はやわらかな書き心地が特徴。
細かなドットの罫線で、罫線上でもインクをはじきづらいです。吸い取り紙付きという配慮も万年筆ユーザーには嬉しいですね。
■定価:1000円(A5)

182票(11%)



3
ルイヴィトン

 
公式サイト:https://jp.louisvuitton.com/
 
 創業:フランス   予算:2万円~2万5000円 

ルイヴィトンについて

ヴィトンらしいデザインは気分も上がります♪
20代~50代まで幅広い年齢層に支持される、世界で一番有名なフランスのハイブランド。ルイヴィトンといえばバッグや革小物を思い浮かべますが、実はステーショナリー系も充実のラインナップ。
高級ノートは随所にヴィトンらしさを散りばめており「特別感」で言えばトップクラス。女性へのプレゼントでも喜ばれること間違いありません。

ルイヴィトンで人気の高級ノート

louisvuitton-note1
 
カイエ・ギュスターヴ
人気シリーズ「エピ」を思わせる表紙の型押しがエレガント。カラーバリエーションは全7色と豊富。リュクスな1冊は日常を非日常にしてくれるはず。
■定価:22,000円


louisvuitton-note2
 
カイエ・アルベール
定番シリーズのひとつ「タイガ」を思わせる細やかな型押し。落ち着いた印象があり女性・男性のどちらも使え、ビジネス使いにもおすすめです。
■定価:20,000円


louisvuitton-note3
 
カイエ・アンドレ
アイコニックな「マルタージュ」のエンボス加工が施された高級ノート。上品かつオシャレ。いつもバッグに入れて持ち歩きたくなる1冊です。
■定価:22,000円

166票(10%)



4
モレスキン(MOLESKINE)

 
公式サイト:https://www.moleskine.co.jp/
 
 創業:イタリア   予算:2000円~3000円 

モレスキンについて

シンプルで丈夫で使いやすい、多くの人の“手放せないノート”。
「モグラの皮」に似ていることからその名が付けられたモレスキンは、ゴッホやピカソも愛用していた世界的なノートブック&手帳のブランド。
一次生産終了となりましたが、1998年にイタリア・ミラノで復活しました(発祥はフランスです)。

モレスキンで人気の高級ノート

moleskie-note1
 
クラシック
バッグやポケットに入れて持ち歩くのに便利な「ポケットサイズ」の上製本ノート。
丈夫で撥水性のある表紙を採用し、ゴムバンド、拡張ポケット、しおりなど機能面も充実。シンプルなデザインは流行を問わず愛用され続けています。
■定価:2000円(ポケット)


moleskie-note2
 
プロコレクション ワークブック
社会人の方へのプレゼントにも◎な、ビジネスに特化したプロ仕様のノート。
立ったままでも書きやすいハードカバー、領収証や名刺を保存しておける拡張ポケット、探しているページが牽引で簡単に見つかるなど、仕事の効率を上げる工夫がたくさん詰まっています。
■定価:3500円(A4)


moleskie-note3
 
パッション
趣味やライフスタイルに特化したノート。
レシピ(料理のコツやレシピの記録)、ベビー(赤ちゃんとの想い出や成長の記録)、トラベル(旅行の予定や記録)などなど全8種類。
料理好きな友達に、赤ちゃんが生まれた親類に、などプレゼントしてみるのも面白そう。
■定価:2900円~

160票(9%)



5
クレールフォンテーヌ

 
 創業:フランス   予算:500円~1000円 

クレールフォンテーヌについて

エスプリの効いたデザインです。
フランスで創業した150年以上の歴史がある総合紙製品ブランドで、本国では学童用からオフィス用まで幅広い分野に携わっている国民的な存在。
クレールフォンテーヌのノートは紙のクオリティが高く、万年筆、水性ペンといった浸透性の高いインクで書いても裏写りしにくいのが特徴。また華やかでユニークな表紙は、眺めているだけでも楽しいです。

クレールフォンテーヌで人気の高級ノート

claire1
 
1951 復刻ノート
2011年に「ノート生産開始60周年」を迎えたことを記念して生まれたノートシリーズ。
ラフな表面の質感やアイボリーのタイトルボックス、格子模様など、人気が高かったという当時のデザインを再現。
現代にも通じるレトロで味わいのある佇まいがに仕上がっています。
■定価:500円(A5)


claire2
 
アージュバッグ
大人のための製本ノートシリーズ。
マットなレザーのような表紙にはブランドマークを素押し。フォーマルな場所でも違和感なく使えます。
■定価:900円(A5)


claire3
 
マトリス
「書く」場面での発想に無限の広がりをもたらすモチーフとして、センスの良い格子柄を表紙にした定番シリーズ。
豊富なカラーバリエーションから自分にあったものが選べます。
■定価:450円(A5)

139票(8%)



6
アピカ(APICA)

 
公式サイト:http://www.apica.co.jp/
 
 創業:日本   予算:500円~1500円 

アピカについて

ちょっぴり贅沢なプチプレミアム。
学童向けの学習帳から高級ノートまで、高品質な紙製品を製造している文具ブランド。その歴史は古く、大正5年(1916年)に、現アピカの前身である日本ノート製造株式会社が創立したことに始まります。
1984年には、変色劣化しにくい中性紙「1000年ペーパー」を開発して一躍有名に。

アピカで人気の高級ノート

apica1
 
プレミアムCDノート
発売30周年を迎えたCDノートの高級モデル。オリジナル筆記用紙「A.Silky 865 Premium」は、つるつるとしたシルクのような手触りで、インクのりがよく書き心地抜群。他に、帳簿用紙「クリーム上質紙」タイプもあります。
■定価:800円(A5)


apica2
 
替ノート パーソナル
カバー付き高級ノート。長期保存しても変色劣化が少ない「オリジナル1000年ペーパー」を使用。綴じは丁寧な糸がかりで、開きやすく耐久性もあります。罫線の淡いグレーは目に優しいです。
■定価:1200円(A5)


apica3
 
フィグラーレ
落ち着いたシンプルなデザインのツインリングノート。本文用紙には書き心地の良い「OKプリンス上質紙」を使用。
お手頃で上質、日常使いできるちょっぴり贅沢なノートに◎。
■定価:550円(A5)

134票(8%)



7
エルメス(HERMES)

 
公式通販サイト:http://japan.hermes.com/
 
 創業:フランス   予算:7000円~1万5000円 

エルメスについて

上品で洗練されたデザインはノートでも健在です。
「いつかはエルメスを持てるような女になりたい……」、そう誰もが憧れるフランスの超高級ブランド。バッグは手の届かないような存在ですが、ノートであれば1万円前後とグッと身近に。
手にしたその日から、ノートを書く時間が特別なものになるはず。

エルメスで人気の高級ノート

hermes-note1
 
グランダッシュ
表紙に精緻な型押し「グランダッシュ」を施したノート。大人っぽい上品さがあり、40代・50代の方も似合います。本文用紙はクレールフォンテーヌでも使っている高級紙「ベラム紙」。
■定価:6500円


hermes-note2
 
ユリス
エルメスの紋章が表紙に映えるノート。平らに開ける便利なダブルリング仕様は、日常使いもビジネスも問わず使いやすいです。
■定価:9500円


hermes-note3
 
シルクノート
「エルメスのスカーフ」のように優雅なプリントが目を引く高級ノート。華やかな印象が日々に彩を与えます。
■定価:13,000円

121票(7%)



8
スマイソン(SMYTHSON)

 
公式通販サイト:https://jp.smythson.com/
 
 創業:イギリス   予算:1万円~3万円 

スマイソンについて

世界中のセレブに愛される「気品のある高級ノート」
1887年にロンドンで創業、英国上流階級の人々に向け、美麗で快適な文房具と革製品を提供してきた高級ステーショナリーブランド。
洗練されたデザイン、上質な色使い、手作業で丁寧に縫製した丈夫で端正なアイテムは、心を奪われる魅力に満ちています。
英国王室御用達でもあり、故グレース・ケリーやダイアナ元妃など、世界中のセレブリティにも愛用者がいる憧れブランドです。

スマイソンで人気の高級ノート

smythson-note1
 
パナマ(PANAMA)
1908年に発売され、100年以上のロングセラーを続ける高級ノート。
復元力のあるパナマハットから名付けられたにふさわしく、丁寧な造本とラムスキン(羊革)のしなやかな表紙で美しい外観を保ちます。
軽くて持ち運びやすく、ハンディサイズでバッグにもすっきり収まります。
■定価:9000円


smythson-note2
 
ソーホー(SOHO)
A5より小さめのミドルサイズで仕事などに最適。上記パナマノートもそうですが、使用している紙は羽のように超軽量ながら万年筆でも裏抜けしにくい薄青色の「フェザーウエイトペーパー」。
表紙には使われているのは型押しラムレザー。耐久性が高くてハリがあり、使うほどに味わいが増していきます。
■定価:2万5000円(W14 x H19cm)


smythson-note3
 
ソーホー クロコ型押し
ラグジュアリーな「クロコ型押しレザー」を表紙に使った、大人のための高級ノート。
本文用紙は、ギルトエッジを施したペールブルーのフェザーウェイト紙を使っています。
■定価:3万円

118票(7%)



9
コクヨ(KOKUYO)

 
公式サイト:http://www.kokuyo.co.jp/
 
 創業:日本   予算:300円~500円 

コクヨについて

歴史のある「キャンパスノート」が定番です。
言わずと知れた日本を代表するノート・文具メーカー。創業は明治8年(1905年)、創業者であり「黒田善太郎」が和式帳簿の表紙店を開業したのが始まり。
定番商品はなんといっても累計販売冊数17億冊を誇るキャンパスノート。時代と共にデザインを変更し、現在で4代目。日本中で愛用されています。

コクヨで人気ノート

kokuyo-note1
 
キャンパスハイグレード CYO-BO PAPER
80年の歴史を誇るコクヨが独自開発した「チョーボペーパー」を使用した高級ノート。
通常の約1.4倍の特厚口で、書く醍醐味を味わえるしっかりとした手触り。万年筆でも水性ペンでも、インクがにじみにくく裏写りもほどんど見られません。
■定価:260円(セミB5)


kokuyo-note2
 
キャンパスハイグレード MIO PAPER
コクヨが開発した上質紙「ミオペーパー」を使用したキャンパスノート。
平滑性に優れ、きめ細やかな紙質が特徴です。薄口用紙でありながら裏抜けせず、にじみにくい。しなやかで、さらさらした手触り感はボールペンでの筆記に最適です。
■定価:280円(セミB5)


kokuyo-note3
 
フィラーノート
紙面の中央部分にミシン目が付いていて、必要に応じてカットできるコクヨのロングセラーノート。
カットした後のサイズはA5、B5などの正寸になります。また、穴があるので2穴ファイルでバインダーに保存できます。
■定価:350円(A4)


kokuyo-note4
 
エッジタイトル
ページの端(エッジ)にタイトル記入用の欄を加えたノート。
ここに日付、タイトルを書いておくだけで検索の効率が飛躍的に上がります。色を塗る細いスペースもあるので、色分けすることでより早く目的のページが開けます。情報を整理できることから特に社会人に人気。
■定価:270円(A5)

104票(6%)



10
ツバメノート

 
公式サイト:http://www.tsubamenote.co.jp/
 
 創業:日本   予算:500円~2000円 

ツバメノートについて

なめらかな書き味にこだわった独自の紙。
文具好きには馴染み深い、グレーの表紙に黒い背と黄色のタグ。戦後から今まで変わらないデザインのツバメノート。
中に使用されている用紙「ツバメ中性紙フールス」は、サラッとペンが走るなめらかさに加え、インクの乗りはいいのににじまず裏抜けも少ない。最高級の筆記専用紙として知られる特別な用紙。
かつては世界の巨匠こと黒澤 明監督も書き心地の良さに魅了され、愛用していました。

ツバメノートで人気の高級ノート

tsubame-note1
 
大学ノート
この大学ノートはツバメノートを象徴する存在。表紙デザインは1947年の発売当初から不変。本文用紙にはツルツルしすぎずザラザラもしない「ツバメ中性紙フールス」を使用。
万年筆でも書き味は滑らかでインクの吸収がよく、裏ヌケもしづらい。ロングセラーならではの安心感があります。
■定価:400円(A5)


tsubame-note2
 
立罫ノート
俳句や短歌、川柳などを書くときに便利な縦太罫。写経や芳名帳に使える縦極太罫などがあります。
■定価:300円(B5)


tsubame-note3
 
特厚ノート
ツバメ中性紙フィールスが200枚綴じられたノート。計400ページの多目的ノートしてよく使われています。
■定価:1250円(B5)

84票(5%)



11
美篶堂(みすずどう)

 
公式サイト:http://www.misuzudo-b.com/
 
 創業:日本   予算:1500円~3000円 

美篶堂について

使われている紙は、使う人の用途で選びぬかれ「心地のいい書き味」を体感できます。
1983年に創業し、手作り製本をはじめ、ペーパーサンプルや和本一式といった紙にまつわる様々なアートクラフトワークに携わるブランド。
職人が手作りでつくる温もりのある布張りの装丁で、鮮やかな色合いが現代的でありながらもどこか懐かしい風合いを醸し出しています。

美篶堂で人気の高級ノート

misuzudou1
 
みすずノート 手
表紙に美篶堂の手のマークが箔押しされた定番ノート。
万年筆でも裏抜けしにくい「上質なクリーム色の紙」を採用しています。無地と罫線の2種類。
■定価:1700円(A5)


misuzudou2
 
A6横型ノート
横開きタイプの上製本ノート。
本文用紙にはコットンを含んだ「スピカレイドボンド」を使用。携帯しやすいように軽量に仕上げ、角背や小口のカチッとしたつくりに美篶堂の製本の美しさが表れています。表紙は日本の伝統色を取り入れた全10色が揃います。
■定価:1200円(A6)


misuzudou3
 
さくら咲くノート
4色の紙をグラデーションになるよう丁合いをとったノート。
美篶堂の高い製本技術を象徴するひとつの「丸背」を採用。手の感覚のみで丸みを出し、曲線がやさしく手にフィットします。
■定価:1700円(B6)

81票(5%)



12
ハイタイド(HIGHTIDE)

 
公式サイト:http://hightide.co.jp/
 
 創業:日本   予算:1000円~3000円 

ハイタイドについて

日常使いしやすい「ちょうどよいカジュアル感」。
海外製のようにセンスのよいデザインと色使い。そこに日本人ならではの細やかな工夫、確かな機能性を加えたステーショナリーブランド。
ステーショナリーや雑貨などの企画販売を行う日本の文具・雑貨ブランド。実はノートは素材にこだわった逸品揃い。牛革の素材感や使用感などを味わいながら、大切に使える1冊が見つかります。

ハイタイドで人気の高級ノート

hightide1
ペンコ アカデミカノート
使いやすさを求めて、開きやすいダブルリングを採用したノート。
バッグの中で痛みやすい表紙の角は丸く落とし、背とコーナーにはクロス風の素押しが施されています。細身のペンをセットして持ち歩けるのも◎
■定価:600円(M)


hightide2
ドゥラム スパイラルノート
牛革(ヌメ革)使ったカジュアルなダブルリングノート。
気軽に使えるので普段使いにぴったり。使い込むほどに革が変わる色味も楽しめます。日本製。
■定価:3700円(A5)


hightide3
 
エミリオ・ブラガ
ポルトガル・リスボンでハンドメイドで作られている、レトロ感のある高級ノート。
品のいい無地中紙は、気持ちよくペンがすべる書き心地です。
■定価:2600円~(A5)

47票(3%)



13
ペーパーブランクス

 
公式通販サイト:http://www.paperblanks-online.jp/
 
 創業:カナダ   予算:2000円~3000円 

ペーパーブランクスについて

装丁本のような、美しい佇まいと優雅なデザイン。
「文字や木」への熱い想いをもつカナダの出版社『ハートレー&マークス社』から生まれたノートブランド。1995年から発売を開始し、2007年に日本に上陸しました。
バラエティに富んだ表紙はオリジナルデザインからアーティストの作品によるものまで幅広く、その数は約230種類にわたります。

ペーパーブランクスで人気の高級ノート

paperblanks1
 
アンティーク レザースタイル
ヨーロッパの古い図書館にある骨董古書をイメージしたハードノートシリーズ。
金色の飾り縁がとっても上品で、まるでハリーポッターの映画に出てきそうな雰囲気。カバーはマグネット開閉式で中紙をしっかりガードします。
■定価:2000円


paperblanks2
 
ミュシャ
アール・ヌーヴォーの画家「アルフォンス・ミュシャ」の優雅な作品をあしらったノート。
小型ながらしっかりとした製本で、とっておきの日記帳などに使いたい美しさ溢れる佇まいです。
■定価:2000円


paperblanks3
 
金襴の花
高貴に輝く「金襴の花」をイメージしたシリーズ。
この模様は中世ヨーロッパに伝わる伝統技法をもとにしています。植物の蔓(つる)や満開の花をモチーフにしたデザインなど全4種類。
■定価:2000円

42票(2%)



14
ミドリ(MIDORI)

 
公式サイト:http://www.midori-japan.co.jp/
 
 創業:日本   予算:300円~1000円 

ミドリについて

プライベートも仕事も、ちょっぴり贅沢気分に♪
1950年創業。東京・渋谷区に本社を置く文具メーカー。2007年には、デザインと実用性を調和させたオリジナルブランド「デザインフィル」を設立。
紙にもこだわり、オリジナルのMD用紙を開発したほか、トラベラーズノートなどヒット商品を多数取り揃えています。

ミドリで人気の高級ノート

midori1
 
MDノート
ストレスフリーなシンプルイズベスト。さまざまな筆記具に対応した「オリジナルのMD用紙」を使用したノート。
クリーム調の用紙で、インクがにじまず、裏抜けしにくい特性があります。
しおり付きなので見たいページをすぐに開くことができます。また、糸がかり製本でフラットに開くのも◎。
■定価:800円(A5)


midori2
 
グレイン
ビジネスシーンにも最適。傷みにくく丈夫な「スペイン製リサイクルレザー」を使った高級ノート。
本文用紙には「オリジナルのMD用紙」を使っており、これで1000円以下はコスパ優秀。
■定価:950円(B6)


midori3
 
カラーノート
マカロンをイメージしたスイーツのように可愛いノート♪
本文用紙は雰囲気に合う「優しい色のクリーム」。お手頃価格でプチプレミアムな気分になります。全6色。
■定価:180円(A5)

41票(2%)



15
ドレスコ(Dressco)

 
公式サイト:http://dressco.jp/
 創業:日本   予算:1500円~3000円 

ドレスコについて

「ドレスを選ぶ」ようにノートを選んでみる。
紙の専門商社・竹尾がプロデュースするステーショナリーブランド。“ドレスを身に付けるように”をテーマに、実用面だけでなく、見た目の美しさを追求した高級ノートをラインナップしています。

ドレスコで人気の高級ノート

dressco1
 
ペーパーノートブック
ドレスの生地をイメージした表紙と、種類の異なる本文用紙の綴じ枚数を調整することで、背幅を一定にした緻密なつくりが特徴。開きやすい糸がかり綴じで仕上げています。
■定価:1450円


dressco2
 
クロスノートブック
開きの良い「糸がかり綴じ上製本法」で作られた高級ノート。
美しい布の表紙、リボン素材のしおり紐、シンプルで飽きることなく長く手元に置いておきたい1冊です。
■定価:2500円


dressco3
 
サンバレーオニオンスキン
たまねぎの薄皮のように薄く透け感があり、バリバリとした手触りが特徴の紙を使ったノート。
シワ感のある独特な紙に尖った鉛筆を走らせると、サクサクとした確かな筆記感が心地良い。
■定価:2650円

29票(2%)



16
エトランジェ ディ コスタリカ

 
公式通販サイト:http://etrangerdicostarica.biz/
 
 創業:日本   予算:200円~500円 

エトランジェ ディ コスタリカについて

「プラス100円」で買える! おしゃれノート。
1985年創業の国内ステーショナリーブランド。大量生産される文具ではなく、使う人のことを第一に考えたプロダクトを基本理念としています。
1999年から発売されている定番ノート「トランスペアレンシー」は、カラフル&カジュアルな表紙で選ぶ楽しさを与えてくれます。

エトランジェ ディ コスタリカで人気の高級ノート

etranger1
 
ソリッド&トランスペアレンシー
表紙に半透明の素材を使ったカラフルなダブルリングノート。ブランドの定番商品となっています。
■定価:400円(B5)


etranger2
 
ウッド(WOOD)
本物のような「木目プリント」がされた温もりを感じるノート。さりげなくインテリアに馴染み、空間を演出する上質なシリーズです。
■定価:400円(B5)


etranger3
 
フィオーレ(FIORE)
バラ、ガーベラなどの写真を印刷した可愛いノート。まるでフラワーショップにいるかのような気分に♪ デスクまわりが華やかになります。
■定価:180円(B5)


etranger4
 
ベスティオーラ(BESTIOLA)
犬や猫の写真が表紙になったかわいいノート。動物好きなお友達も喜びそう♪ 他にウサギやヒツジもあります。
■定価:180円(B5)

25票(1%)



17
ロイヒトトゥルム 1917

 
 創業:ドイツ   予算:2000円~3000円 

ロイヒトトゥルム1917について

仕事にもプライベートにもマッチする、精巧で使いやすい実用系。
ロイヒトトゥルム社は、切手のストックブックやバインダー類を発行する出版社として1917年に誕生しました。
それ以後、90年以上にわたり、使いやすく、精巧な作りの紙製品を生み出している伝統あるブランドです。

ロイヒトトゥルム1917で人気の高級ノート

leuchtturm
 
アジェンダ
丈夫なハードカバーにゴムバンドが付いたシンプルなノート。デザインを強調せず、精巧なつくりで実用性を追求したノート。
目次用ページ、ページ番号、日付欄など実用性を追求した6つの特徴があり、特に社会人・ビジネスマンの方に人気です。
■定価:3000円

24票(1%)



18
ポスタルコ(POSTALCO)

 
公式サイト:http://postalco.net/
 
 創業:日本   予算:1500円~3000円 

ポスタルコについて

「個性的な魅力」を秘めています。
アメリカ・ニューヨーク生まれ。伝書鳩がトレードマークのステーショナリーブランド。
「紙を持ち運ぶためにはどんな形体がふさわしいか」を考えてデザインされた商品は、機能性に優れ、使っていくうちに風合いが増してきます。
ベース素材には、テント地を作るときに使われる機械で圧縮したコットンを使用。時間が経つにつれ、手に馴染んでくるのが特徴です。

ポスタルコで人気の高級ノート

postalco1
 
ノートブック
圧縮コットン生地のカバー。背と表紙のつまみ部分に子牛革を使用しています。
■定価:2100円(A5)


postalco2
 
ウィールプリンテッド
ときにランダムに、ときには整然と、精緻な1mm方眼は書くスタイルを限定しない自由な使い方ができます。
1点1点異なる表紙は、デザインもさることながら、立ちながらの筆記にも耐えるしっかりとした作りです。
■定価:3000円(A5)


postalco3
 
オープニングセレモニー
ニューヨークのオープニングセレモニーのために製作した、日本古来の算額模様を描いたノート。
■定価:1200円(A6)

14票(1%)



19
MUCU(むく)

 
 創業:日本   予算:3000円~4000円 

MUCUについて

「素材の良さ」を大切にしたシンプルイズベスト。
2006年に日本で設立。ブランド名の日本語表記は「無垢」。表面的な見た目にこだわらず、よけいな要素がない素材そのものの特性を大切にしたプラダクトを心がけています。
製品の仕上げの工程はハンドメイドで行われており、ひとつひとつに製品の仕様を表示したスタンプが押されています。

MUCUで人気の高級ノート

muku-note1
 
レザーリングノート
革の経年変化を楽しめるよう、あえて切りっぱなしのまま本革を表紙に使ったノート。
使い込むほど手になじんでいき、自分だけの“味わい”に。
用紙は5mm方眼罫で、懐かしい風合いの更紙が使われています。
■定価:3800円(L)


muku-note2
 
ポケットブック
無駄を削ぎ落としたシンプルなカタチのノート。
表紙には牛本革を使い、本文用紙には筆記特性に優れたオリジナル用紙を採用しています。
■定価:3800円


muku-note3
 
ノートセット DEPOT(デポ)
使い終わったノートを大事に保管することを目的としたボックス付きノート。あえて見せている「綴じ糸」がラフな風合い。
■定価:2000円(A5)

12票(1%)



20
センス オブ スタイル(SENSE of STYLE)

 
 創業:日本   予算:1000円~2000円 

センス オブ スタイルについて

シーンを選ばないシンプルカジュアル。
無機質な空間を彩りよく演出することをコンセプトとした『センス オブ スタイル』のノートは、渋みのある落ち着いた赤、黄、紫、緑で展開するちょっぴり大人のノート。
上品な布張りと厚みのある紙張りの2種類があり、素材の質感がとても楽しい。

センス オブ スタイルで人気の高級ノート

senseof1
 
グリッド スクエアノート
布張りの上品なノート。赤、黄など4色があり、それぞれの背を淡いグレーの布で巻きつけてカジュアルな印象も出しています。
■定価:1400円


senseof2
 
プレーン 縦長ノート
厚めのしっかりした表紙で、背に6本の折り込み線を入れ丸背にしています。本紙はツインリングで綴じ、開きやすいように工夫されています。
■定価:900円

6票(0%)



Loading ... Loading ...

高級ノートのおすすめブランド10選

ランキング外でも、「ノートにこだわるならチェックしておきたい!」10ブランドを紹介しています。

【1】ロディア

rhodia

 

世界87ヵ国以上で使われている、1932年に創設されたフランスの文房具ブランド。
オレンジ色のメモパッドやグラフ方眼フォーマットは当初からの定番。優れたデザイン性から建築家、デザイナーをはじめ、多くの人に愛されてきた歴史があります。
そのデザインテイストは変えず、さまざまなシチュエーションで使えるノートを幅広くラインナップしています。

■公式サイト:http://www.bloc-rhodia.jp/

 

【2】クオバディス

quovadis

 

1952年、フランス・マルセイユにて創業。

創業者 Dr.ベルトラミによって、世界で始めて1週間を見開きページに縦にレイアウトした機能的なダイアリーが考案されました。
色・型も多種多様で様々な用途に合わせて使い分けられます。ちなみにブランド名は聖書の一説「Quo vadis(主よ、どこへ)」に由来。

■公式サイト:http://www.quovadis.co.jp/

 

【3】G.LALO(G.ラロ)

glalo

 

「紙のエルメス」にふさわしい高級品。
1916年にフランスの高級紙製品ブランドとして創業。

“紙のエルメス”といわれるほど紙のクオリティは高く、乾きにくいインクで書いても、あっという間にインクが紙に浸透し速乾性が高い。

また紙質だけでなく装いもエレガントで、カードには上品なエンボス加工が施されているものばかりです。

■紹介サイト:http://www.quovadis.co.jp/

 

【4】トライストラムス(trystrams )

trystrams

 

コクヨが2009年に設立したデザイン文具ブランド。

日本を代表するデザイナーや海外ブランドと協力し、デザインと機能性にこだわった「スマートに働く」ための文房具を幅広く提案しています。

最近は「オロビアンコ」とコラボしたノートやボールペンが人気です。

■公式サイト:http://www.trystrams.jp/

 

【5】ナカバヤシ

nakabayashi

 

手帳、ダイアリー、ノートなど多種多様な文房具を製造している、創業から85年を超える老舗ブランド。

プチノートはクラシカルな風合いのある表紙デザイン、6色のカラーバリエーションが魅力。A罫で、ミシン目入りにも注目。

■公式サイト:https://www.nakabayashi.co.jp/

 

【6】ファブリアーノ

fabriano

 

イタリア生まれの老舗紙ブランド。オフィスユーザーからアーティストユーザーまで様々なニーズに応える展開力に定評あり。
なかでもノートはデザインに優れ、プレゼントとして贈りたくなるようなキュートでユニークな商品が揃っています。もちろんデザインだけでなく、熟練の職人達によって作り出される確かな品質を合わせ持っていることも人気の秘密です。

 

【7】カクラ(KAKURA)

kakura

 

「日本古来の和」を感じる古書のようなデザインが魅力のKAKURAは1998年設立。

グラフィックデザインを手掛ける石原ゆかりさんがプロデュースするオリジナルブランド。

「心を癒してくれる自然素材」を基本理念に、紙、土、竹、革など自然素材にとことんこだわったモノづくりに定評があります。

■公式サイト:http://www.kakura.in/

 

【8】グムンド(GMUND)

gmund

 

1829年にドイツで創業した、世界の一流企業や高級ブティックが愛用するプレミアムペーパーブランド。

日本では銀座・伊東屋にショップインショップがあります。

■伊東屋通販サイト:http://store.ito-ya.co.jp/

 

【9】ナガサワ文具センター

nagasawa

 

創業は明治15年。2017年で創立135周年を迎える神戸の老舗大型文具店。

品揃え豊富で他店にない輸入文具をはじめ、ノウハウをたくさん詰め込んだオリジナルノートも展開しています。

使いやすさと味わいのある風合いにとことんこだわったノートは、文具好きなら一度は見ておきたいのもばかりです。

■公式サイト:https://www.nagasawa-shop.jp/

 

【10】プラス(PLUS)

plus-note

 

携帯に便利な薄型メモノート「メモローゼ」、たっぷり書き込めるミニノート「カ.クリエ」など、仕事に役立つノートシリーズが人気の国内文具&オフィスメーカー。
特に社会人・ビジネスマンは必見。価格もお手頃です。

■公式サイト:https://bungu.plus.co.jp/

こちらも一緒によく読まれています。

『高級万年筆~コスパ優秀万年筆まで!』女性に人気の万年筆ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『高級ボールペン~安くて使えるボールペンまで!』仕事・毎日使いに◎なボールペンブランドランキング。

記事の続きを読む »

『プレゼントにも喜ばれる!』高級シャープペンシルブランドランキングを発表しています。

記事の続きを読む »

『OLさんや社会人女性に◎』システム手帳の人気ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『デスク周りが明るくなる♪』ペンケースの人気ブランドランキング。

記事の続きを読む »


もっとブランドを見る

文房具ブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


ページ上部に