大人 白デニム

 

 

大人の白デニム(ホワイトデニム)ブランド45選!

洗練とカジュアル、その両方が手に入るパンツといえば「白デニム」。

休日のデートや公園、お買い物にはもちろん、仕事のオフィス・通勤にも使われる万能さも魅力です。

 

 

今回は
「大人に人気の白デニムブランドを知りたい!」
「30代・40代が穿いているホワイトデニムはどこの?」

 

そんな方におすすめな『大人ホワイトデニムブランドランキング45選』と、各ブランドの名品ホワイトデニムを紹介しています。

目次(もくじ)

※▼ブランド数が多いので、価格帯別に分けています。

 

コスパブランド(1万円台)

■1位:ブラック バイ マウジー

■2位:リーバイス

■3位:サムシング

■4位:マウジー

■5位:リー

■6位:ヒステリックグラマー

■7位:23区

■8位:スタニングルアー

■9位:ファイヤーサービス

■10位:フリークスストア

■11位:ブルーブルー

■12位:バナナリパブリック

■13位:オアスロウ

■14位:プラージュ

■15位:N.O.R.C

■16位:サキュウ

 

高級ブランド(2万円~3万円台)

■1位:AG(エージー)

■2位:マザー

■3位:サージ

■4位:アッパーハイツ

■5位:レッドカード

■6位:ヤヌーク

■7位:ディーゼル

■8位:マディソンブルー

■9位:イレーヴ

■10位:セオリー

■11位:AGOLDE

■12位:A.P.C.

■13位:アナトミカ

■14位:AALTO

■15位:リダン

■16位:ジャーナルスタンダード

■17位:マイ

■18位:ルシェルブルー

■19位:ジョーズ・ジーンズ

■20位:ウィムガゼット

 

プチプラブランド(3千円~1万円以下)

■1位:ユニクロ

■2位:GU

■3位:AZUL BY MOUSSY

■4位:ミラオーウェン

■5位:ザラ

■6位:ギャップ

■7位:ベルシュカ

 

 

①コスパブランド〈TOP15〉

予算1万円台(1万円~2万円)!
品質とシルエットの良さのバランスが良くて、今1番売れ筋の価格帯です。

アンケート結果

【コスパ系】大人の白デニムで1番好き・穿いているブランドは?

  • ブラック バイ マウジー (21%, 226 票)
  • リーバイス (18%, 189 票)
  • サムシング (10%, 112 票)
  • マウジー (9%, 99 票)
  • リー (9%, 94 票)
  • ヒステリックグラマー (6%, 61 票)
  • 23区 (5%, 54 票)
  • スタニングルアー (5%, 50 票)
  • ファイヤーサービス (4%, 39 票)
  • フリークスストア (3%, 33 票)
  • ブルーブルー (3%, 27 票)
  • バナナリパブリック (2%, 25 票)
  • オアスロウ (2%, 20 票)
  • プラージュ (2%, 17 票)
  • N.O.R.C (1%, 14 票)
  • サキュウ (0%, 8 票)

アンケートの総投票数: 1,068

読み込み中 ... 読み込み中 ...

【1位】ブラック バイ マウジー(BLACK BY MOUSSY)

 

レディースデニムの絶対的存在!

種類豊富でシルエットも美しくて、ハズレなし! レディースデニムで絶大な信頼を得ている日本ブランド『ブラック バイ マウジー』。ブランド名は“BLACKコーヒーが似合う女性”という意味で、その混ざり気のない潔い姿勢が、大人たちに支持されています。

ブラック バイ マウジー×人気の白デニム4選!

ブラック バイ マウジー 白デニム

 

KONA

穿く人を選ばない信頼感大の鉄板シルエット。
絶妙な高めのウエストと、つかず離れずのストレートなラインでどんなトップスとも好相性。
〈コーデ〉あえてローファーで仕上げるトラッドスタイルこそ大人。トラッド派の鉄板コンビ、デニム×ローファー。ウエスト位置、太さ、ストレート加減…すべてにおいて抜群のバランスを誇るKONAが頼りに。
〈コーデ〉「くぶれからが脚」と、とらえられる、腰位置のほどよい高さによる脚長効果でローヒールでもスタイルよく。甘い白ながらやや厚手の素材感&くすんだ色合いを選んでカジュアルな見た目にシフト。
■15,000円

 

ブラック バイ マウジー 白デニム2

 

JAVA

究極のスタイルUPにファン続出のスーパーハイライズ。
脚長効果抜群のスーパーハイライズは、裾にかけて細くなるシルエットで女らしさも。
〈コーデ〉ピンク×美脚ホワイトデニムはコンサバさんにも◎。春に着たくなるコーラルピンクも、白パンツよりホワイトデニムならヘルシーな印象で気負いなく。ニットをインして脚長効果を最大限に!
〈コーデ〉エクリュカラーにハイウエストのテーパード、色も形も旬な白デニム。肉感を拾わないからスタイルアップ効果も!
■15,000円

 

ブラック バイ マウジー 白デニム3

 

PUNA

美脚とオシャレ感両立のテーパードシルエット。
太ももにゆとりのあるコクーンシルエットのテーパード。太ももの張りが気になる人にも。
〈コーデ〉モノトーンならこんなひと匙(さじ)の意外性も楽しめそう! 色々なアレンジが利くのもデニムの醍醐味。カットソーとニットのちょい攻めレイヤードもデニム&モノトーンならトライできる。
〈コーデ〉淡色ワントーンこそ、オシャレが際立つこの春のスタイル。オフホワイトに馴染む薄カーキやバルーン袖のトレンチで、スパイスを効かせて。
■16,000円

 

ブラック バイ マウジー 白デニム4

 

CARMO

合わせやすさ抜群! 新登場のワイドストレート。
新シルエットは、ストンと落ち感あるストレート。メンズっぽいゆるさで穿き心地も抜群。
〈コーデ〉ワイドパンツ感覚でハンサムなワントーンに仕上げて。太パンツ感覚で穿きたいCARMO独特のストレートワイドは、白のワントーンでハンサムに仕上げることで、逆にスタイリッシュな女っぽさが際立ちます。
〈コーデ〉真っ白ではなく、少しオフがかった一本を選ぶ。それだけでなにげないTシャツコーデがこなれて見える。シンプルな装いでこそ、少しの違いでかっこよく。
■16,000円

>> ブラック バイ マウジー 公式サイトへ

 

 

【2位】リーバイス(LEVI’S)

 

「デニムでカルティエ的な存在」の大御所!

「デニム界のトップ」と言っても過言ではない、アメリカ生まれの老舗ジーンズブランド。1853年誕生という歴史もさることながら、デニムを生み出した功績なども計り知れません。

リーバイス×人気の白デニム4選!

リーバイス デニム

 

MADE & CRAFTED【THE COLUMN SPA】

コンサバになりがちなホワイトデニムもボーイフレンドタイプで抜け感を出せば垢抜け感が一気に上昇。「未来の定番」をテーマにするMADE & CRAFTEDは、遊びがあっても決して飽きることのないデザイン。デニムを大人らしく纏いたい私たちに寄り添うシリーズです。
■17,000円

 

リーバイス デニム2

 

HIGH LOOSE LOSE YOURSELF

1990年代に流行したシルエットを現代的にアップデートしたモデル。ハイライズ×ワイドという“今の気分”が手に入る。
〈コーデ〉新たなスタンダードとなる1本を今年らしく着こなすなら、断然ホワイトコーデがおすすめ。“真っ白”と“オフホワイト”を組み合わせてメリハリをつけるのが上手に着こなすポイントです。
■12,000円

 

リーバイス デニム3

 

シェイピングジーンズ 312 SHAPING SLIM

ボディメイキング&ストレスフリーを叶えてくれる「シェイピングジーンズ」シリーズ。のその中でも女らしいカーヴィーなシルエットを楽しむならこのスリムフィットがおすすめ。カジュアルはもちろん、こんな黒レースのブラウスに黒ジャケットとドレッシーな着こなしにも似合う。カジュアルなデニムとの合わせでセクシーさがほどよく引き算されリアルクローズに!
■7900円

 

リーバイス デニム4

 

シェイピングジーンズ 311 SHAPING ANKLE SKINNY

ぴったりキレイに脚にフィットするスキニーフィット。たとえば夫婦でデニムのときは、ママはこのデニムを味方にして、ヒップ&レッグラインをスリムに、さらにカービーなシルエットが手に入るので、パパの男らしさも際立ち素敵なペアリングが完成。
■7900円

>> リーバイス 公式サイトへ

 

 

【3位】サムシング(SOMETHING)

 

予算1万円くらい、「しっかりした本格コスパデニム」が欲しい人にぴったり!

日本人女性のためにつくられたジーンズブランドだから、シルエットがとにかく美しい! 『サムシング』はジャパンデニムを作り続けてきた有名会社 EDWIN が手がけるレディースブランド。ハズレなし、コスパ良しな魅力を持っています。

サムシング×人気の白デニム2選!

サムシング 白デニム

 

COCOON TAPERED(コクーン テーパード)

“コクーンシルエット”が、女性らしさを演出する。
脚長効果の高いハイライズデザインで、裾に向かって細くなるテーパードデニム。もも周りにゆとりをもたせ、膝から裾へのラインをすっきりまとめたコクーンシルエットが女性らしいラインを作り出し、体型をカバーしながらスタイルよく見せてくれます。
■10,890円

 

サムシング 白デニム2

 

HANA(ハナ)

ブランド定番のテーパードデニム「HANA」。ミドルライズの股上×膝下へのテーパードは、流行に左右されず長く愛用でき、コーディネートも選びません。
〈コーデ〉女っぽいデザインのトップスも程よくカジュアルダウン。今年は増えているホワイトデニムはスタメン入り決定!
■10,890円

>> サムシング 公式サイトへ

 

 

【4位】マウジー(MOUSSY)

 

デイリーに使える「安定感抜群デニム!」

常に流行を意識し、自分自身を表現するすべての女性たちに向けたハイカジュアルブランド『MOUSSY』。代名詞のデニムと、上質なベーシックアイテムを中心としています。マウジー系列の中では落ち着いた感じで、年齢層は高め+飽きのこないものが多いです。

マウジー×人気の白デニム2選!

マウジー 白デニム

 

HW STRETCH STRAIGHT

履きやすさにこだわったバランスのよいストレートシルエット「HW STRETCH STRAIGHT」。腰まわりをスリムに見せるハイウエスト設計で脚長効果も◎。素材はトルコ産のオーガニックコットンを使用したこだわりのデニム。大人のデイリーに最適な一本となっています。
〈コーデ〉ぺんたこでも脚長効果は抜群! 夏の抜け感ホワイトは必携の一本。シンプルだから小物やカラーが引き立つ!
■12,980円

 

マウジー 白デニム2

 

MVS WHT SKINNY

“スタイリッシュな女らしさ”を狙うならこの一本。肉感を拾いすぎない絶妙なスキニーシルエットと適度なストレッチ性。縦糸と横糸に異なる色の糸を使うことで、奥行きのあるナチュラルなホワイトカラーを実現したオリジナルのデニム生地。生地から縫製、加工まで全て日本製にこだわった自慢の1本です。
〈コーデ〉難しいテクいらずで今っぽく見せられてスタイルもアップ! ハリと光沢のあるTシャツならカジュアルすぎないし、体のラインも拾いません。エクリュのデニムに前だけインすればバランスよく見せる効果も。
■12,980円

>> マウジー 公式サイトへ

 

 

【5位】リー(Lee)

 

アメリカデニムの大手&老舗です!

リーバイスと並び、世界的デニムブランドのひとつに数えられる『Lee』は、1889年にアメリカで生まれたブランド。時代に合わせたオシャレ感が強めのデニムをはじめ、どちらかといえば女性に人気があります。

リー×人気の白デニム2選!

リー 白デニム

 

ルーミーテーパード

世界3大ジーンズブランドのひとつ『Lee』のテーパードデニム。着かず離れずの絶妙なゆる感で、その穿き心地はクセになること間違いなし。ヒップと渡りにゆとりをもたせ、膝から裾のラインはややシャープなシルエット。ハイライズデザインで脚長効果も狙えます。
■11,000円

 

リー 白デニム2

 

ワイド

タック入りで腰回りにゆとりをもたせたハイウエストなワイドシルエット。体型もカバーしてくれるからスタイルアップ効果も抜群です。
〈上右〉ときは甘いブラウスで大人カジュアルに着こなす…。ガーリーなドット柄のブラウスも白デニムと合わせれば、おしゃれなワンマイルコーデに様変わり。小物をブラウンでまとめることで、大人っぽさもキープできます。
〈下左〉印象チェンジさせるならカラートップスが◎…。テラコッタカラー×白の爽やかな配色で夏を意識。組み合わせがレディな分、足元でカジュアルダウンするのがポイント。
〈下中〉一歩上を狙うならグラデワントーンがおすすめ。コーディネート全体をベージュや白、ライトブラウンの淡色でまとめてこなれた印象に。仕上げにアウトドア系のリュックをプラスしてメンズっぽさもひとさじ。
〈下右〉おしゃれなご近所コーデは白デニム×ロゴTで完成! Tシャツのロゴとデニムの色をリンクさせるだけでグッとおしゃれ度が上がるから不思議。トップスINすることで鮮度もアップ。
■12,100円

>> リー 公式サイトへ

 

 

【6位】ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)

 

昔から「スリムデニムに定評がある」王道ブランド!

素材や縫製、加工へのこだわりで本物志向の人から愛され続けるドメスティックブランド(日本ブランド)の『ヒステリックグラマー』。最近ではより洗練されたシンプルなデザインも増え、好評を博しています。
パターンやシルエットにこだわり抜いたアウターやデニムだからこそ叶えられる、大人のカジュアルスタイルを堪能したい。

ヒステリックグラマー×人気の白デニム!

ヒステリックグラマー 白デニム

 

ホワイトデニム スリムテーパード

股下からくるぶしまでスッキリとしたシルエットを描く美脚デニム。スキニーより少しゆとりがあって、ピタッとしないのに美しい脚に見えるのがヒスらしい。
〈コーデ〉白を効かせ色にした配色が爽やかな、あえての冬のマリンテイスト。ちょっぴりカジュアルなフードコートは、大人が着るからこそサマになるデザイン。
■19,800円

>> ヒステリックグラマー 公式サイトへ

 

 

【7位】23区(にじゅうさんく)

 

百貨店ブランドらしい「上品な美しさ」

日本の大手アパレル『オンワード樫山』が手がける婦人服ブランド。シンプルで上質で心地よい、どこまでもシックで美しいデザインがコンセプト。年齢層は30代・40代と、昔よりも広くなりました。

23区×人気の白デニム!

23区 白デニム

 

ボーイフィット パンツ

23区定番として人気なボーイフィット型デニム。ほんのりゆとりのあるテーパードは白でも下半身をホッソリ見せてくれ、ヒールでもペタンコでも合う九分丈です。またトップスINもOUTもこなれ感がでる程よい股上丈。ストレッチ性もあって適度に腰にフィットします。
〈コーデ〉シンプルコーディネートのアクセントは、ニットのゲージから透ける肌。合わせた白デニムは清涼感があり、乾いた手触りとナチュラルな表情がONにもOFFにも使いやすい、上質な名品素材。
■14,850円

>> 23区 公式サイトへ

 

【8位】スタニングルアー(Stunning Lure)

 

大人を魅了する都会派ブランド

「日常になじむモード感と都会感」を併せもつスタニングルアー。神戸発のセレクトショップ&オリジナルブランドであり、その繊細なカッティング、大人こそ似合う“くすみカラー”など、デザインにおいて他の追随を許しません。

スタニングルアー×人気の白デニム!

スタニングルアー 白デニム

 

Selvedge white heritage denim white

同ブランドの人気シリーズ「ヘリテージデニム」から登場したホワイトデニム。ほどよく厚みがあり透けにくく、水を弾く撥水加工によって汚れも付きにくい、そんな白色の欠点をカバーしているのも嬉しい。シルエットは太もも細め、膝下からきれいめなストレート。脚長効果が高いですし、裾はフリンジで“こなれ感”も有り。
〈コーデ〉ロングジレを颯爽と合わせてモノトーンサファリをキレよく…。サファリを大人っぽく仕上げるならモノトーンで。抜けが出る白デニムならロングジレもトライしやすい。
■17,000円

>> スタニングルアー 公式サイトへ

 

 

【9位】ファイヤーサービス(Fire Service)

 

日本の巨匠が手がける「都会的なクリーン・モードデニム」

本澤裕治氏(デニムラバーやオシャレな大人たちに選ばれる本格ジャパンデニムブランド『レッドカード』を立ち上げた方)手がける第二弾ブランド。リアルヴィンテージを軸としたレッドカードとは逆に、ミニマルで都会的なデニムを提案。まだ知名度は低いですが、大人が映えるデザイン×自慢のハイクオリティが特徴。

ファイヤーサービス×人気の白デニム!

ファイヤーサービス 白デニム

 

SLIM STRAIGHT STRETCH(スリムストレート ストレッチ)

センタープレスを施した、きれいめな仕上がりが新鮮。ウエストからヒップにかけては優しく丸みを持たせ、裾にかけて細くなる計算しつくされた美しいシルエット。ストレッチ生地を掛け合わせることでほどよく体にフィットするので、穿き心地は抜群です。カットオフ仕様というのもポイント。
■13,800円

>> ファイヤーサービス 公式サイトへ

 

 

【10位】フリークスストア(FREAK’S STORE)

 

アメリカンな薫り漂う日本人向けデニム!

ヴィンテージの風合いが得意な『フリークスストア(日本の老舗セレクトショップの一つ)』。アメリカの豊かさとワクワク・ドキドキを日本に伝えたい、という想いから1986年に設立。

フリークスストア×人気の白デニム!

フリークスストア 白デニム

 

ハイウエスト ワイドデニムパンツ

脚のラインを拾いすぎない、ストンとした絶妙なワイドシルエット。ニュアンスのあるカラーがはきやすく、こなれた印象に。長めの丈は、身長の高い人にもしっかりフィット、Sサイズさんがルーズな感じではいても◎。
〈右コーデ〉スクエアネックのインナーで抜け感を出したのがこだわり。
■11,000円

>> フリークスストア 公式サイトへ

 

 

【11位】ブルーブルー(BLUE BLUE)

 

デニムが十八番な日本の老舗。

デニムのインディゴブルーを表現する、をテーマに1980年代にスタートしたブランド。製品はデニムがメイン。多くのファッションブランドを運営する国内会社、聖林公司が運営しています。

ブルーブルー×人気の白デニム!

ブルーブルー 白デニム

 

テーパードモンロー ホワイトジーンズ

マリリンモンローが穿いていたヴィンテージデニムを参考にして、スリム&ハイウエストに。装飾のレザーパッチをなくし、ステッチ糸を生地と同色にしたシンプルを極めた1本。
〈コーデ左上〉ボーダーTを合わせれば春めくマリンルックに。下左:無地アイテム合わせでもモノトーンならサマになる。。下中:ブラウン×ホワイトで上品デニムコーデの日。下右:ときにはシャツワンピからトレンドの“白”を覗かせて。
■15,000円

>> ブルーブルー 公式サイトへ

 

 

【12位】バナナリパブリック(Banana Republic)

 

“きれいめデニム”に定評あり!

コンサバ系コスパブランドとして、長年にわたり愛されているアメリカブランド。“バナリパ”の愛称で親しまれ、年齢層は30代~50代と大人向け。

バナナリパブリック×人気の白デニム!

バナナリパブリック 白デニム

 

ハイライズ ヴィンテージ ストレート クロップドジーンズ

バナリパの“定番”として毎シーズン発売されるこのデニムは、古きよきヴィンテージな風合いがあるハイライズストレート。お尻と太ももはスリムで、裾にかけて細身のストレートを描き、すっとキレイな脚を演出。
〈コーデ〉白デニムで抜けをつくってサファリジャケットをさらりと楽しむ。インディゴだとラフすぎるから、白がちょうどいい。
■12,400円

>> バナナリパブリック 公式サイトへ

 

 

【13位】オアスロウ(orSlow)

 

デニムの魅力を引き出すジャパンブランド

19~20世紀にタフな衣類として定着したデニム…。その長年愛せる魅力はそのままに、「今のファッション性」と「日本メイドの高いクオリティ」を融合したニューベーシックを提案。

オアスロウ×人気の白デニム!

オアスロウ 白デニム

 

JASMIN

ハイライズにストンと落ちるシルエットが女性らしいデニム「JASMIN」。薄すぎず厚すぎない“10オンスのオリジナルセルビッジデニム”は、一年を通して着用でき、肌なじみもよくデイリー使いにぴったり。
〈コーデ〉コンサバを代表するジャケット×白ボトムも、デニムならカジュアルに。白の分量が多めでより爽やかに。
■18,700円

>> オアスロウ 公式サイトへ

 

 

【14位】プラージュ(Plage)

 

周りと差がつく! ひとクセホワイトデニムが人気

コンサバ派もカジュアル派もスイート派も派閥を超えて、好きなブランドに挙がる超党派ブランド『プラージュ』。
どんなテイストにも合うベーシックさの中にもプラージュらしい“ひとクセ”があり、大人カジュアルをグッとこなれて見せてくれます。

プラージュ×人気の白デニム!

プラージュ 白デニム

 

ストレッチセンタープレスデニム

黄味がかったホワイトデニムは、こなれ感満点。このデニムは美シルエットで即完売し、追加された実力派。センタープレスが効いてるから腰ばきしても美脚が保てる! センタープレスでしっかり縦ラインを強調してくれるので、淡色でも膨張知らず。
〈コーデ〉ボーダーと合わせたら大人マリンスタイルが完成。
■18,700円

>> プラージュ 公式サイトへ

 

 

【15位】N.O.R.C.(ノーク)

 

現代の大人女性が求める「新ベーシック」を提案!

サスティナブルや価値観の多様性……、現代女性たちが追い求めるネオベーシックアイテムを提案する国内ブランド。流行を追うのではなく1つのスタイルを楽しみたい、そんな服をリリースしています。

N.O.R.C.×人気の白デニム!

ノーク 白デニム

 

ハイライズテーパードデニム

スタイリストから支持率の高いN.O.R.C.を代表するデニムとえば、毎シーズン人気を博す「ハイライズテーパードデニム」。
丸みがキレイなハイウエストのテーパードデニムは、下半身が気になる女性のために考え抜いた、渾身のデザイン。さらに動きに合わせて伸び縮みする本格オールルドストレッチデニムと、万能さが人気のヒミツ。
〈コーデ〉オフホワイトのデニムならカジュアルになりすぎない。色で盛るより、パールやジュエリーの重ね着けの華やかさが気分。
■18,0000円

>> N.O.R.C. 公式サイトへ

 

【16位】サキュウ(caqu)

 

デニム作りに長ける国内会社の「本格コスパデニム」

世界的ブランドや大手アパレルのOEMデニムを手がける日本メーカー「タンデム社」が、2006年に設立したデニムブランド。
パターンメイキングから縫製まで自社で行うことで中間マージンを省いており、コストパフォーマンスにも優れています。

サキュウ×人気の白デニム!

サキュウ 白デニム

 

リラックスペンシル(relax pencil)

リラペンの愛称でも親しまれる“すっきりきれいで、楽ちん”な大ヒットデニム!
ヒップ周りはゆったりしているのに小尻に見え、計算されたテーパードシルエットで脚がまっすぐ、スラリと見えることから人気の高い1本。足踏ミシンの時代に使われたコットン糸をステッチに使用しており、着古したユーズドの表情を実現しています。
■16,000円

>> サキュウ 公式サイトへ

 

 

②高級ブランド〈TOP20〉

予算2万円以上(2万円~4万円)!
クオリティにもデザインにも妥協がない、憧れの一流ブランド。

アンケート結果

【高級】大人の白デニムで1番好き・穿いているブランドは?

  • AG(エージー)(13%, 300 票)
  • マザー (12%, 266 票)
  • サージ (11%, 237 票)
  • アッパーハイツ (9%, 209 票)
  • レッドカード (9%, 200 票)
  • ヤヌーク (9%, 192 票)
  • ディーゼル (8%, 175 票)
  • マディソンブルー (4%, 88 票)
  • イレーヴ (4%, 81 票)
  • セオリー (3%, 70 票)
  • AGOLDE (3%, 69 票)
  • A.P.C. (3%, 64 票)
  • アナトミカ (3%, 63 票)
  • AALTO (2%, 55 票)
  • リダン (2%, 51 票)
  • ジャーナルスタンダード (2%, 37 票)
  • マイ (1%, 27 票)
  • ルシェルブルー (1%, 22 票)
  • ジョーズ・ジーンズ (1%, 19 票)
  • ウィムガゼット (0%, 18 票)

アンケートの総投票数: 2,243

読み込み中 ... 読み込み中 ...

【1位】AG(エージー)

 

「プレミアムデニム」の先駆けブランド!

2000年に“デニムの神様”と称されるアドリアーノ・ゴールドシュミット氏とユル・クー氏の2人によって設立されたアメリカ・ロサンゼルス生まれの高級デニムブランド。
本当に穿きこんだようなリアルヴィンテージ加工で人気を獲得し、プレミアムジーンズブームの立役者となった。

AG×人気の白デニム5選!

AG 白デニム

 

ISABELLE

はく人を選ばず美脚になれるストレートクロップド「ISABELLE」は、AGを代表する名品。
〈コーデ〉シャツワンピにレギンス感覚でラフな素材感がおしゃれの決め手! フロントボタンを多めに開けて軽快に着こなせるのもデニム合わせならでは。
■26,000円

 

AG 白デニム2

 

RHETT

腰周りから膝まではコンパクトに、裾に向かってゆとりのある直線的なシルエットが、足を真っすぐ美しく見せてくれる「RHETT」。
〈コーデ〉スタイルアップはデニムに任せて、季節感ときめくビビッドトップス(ニット)を自由に楽しむのもアリ。
■26,000円

 

AG ホワイトデニム

 

CASEY

ボディラインを拾いにくいハイライズのリラックススキニー。ヒップ回りはゆとりがあり、膝下はすっきり細身でスタイルアップ効果抜群。
〈コーデ〉黒デニムジャケット×白デニムのメンズライクな辛口には、ボーダーでカジュアルさを足してほどよく中和。
■26,000円

 

AG 白デニム3

 

ETTA

はくだけで旬な着こなしが完成すると、いま話題の「ETTA」。今っぽいハイウエスト&ワイドであり、野暮ったくならないクロップド丈が、トレンドと脚長を叶える。
〈コーデ〉鮮やかイエローが目を引く白デニムコーデがヘルシー。レモンイエローを白とのボーダーで着やすく仕上げたニット。白のワイドクロップドで、ラフに寄せないキレイメカジュアルが気分。
■29,000円

 

AG 白デニム4

 

PRIMA CROP

脚を真っすぐ美しく見せてくれることから、O脚やX脚といった方にも好評な定番美脚モデル「PRIMA CROP」。こちらは足首をのぞかせてスタイルアップも叶うクロップド丈。
〈コーデ〉グレーのニットにホワイトデニム。そんなノームコアスタイルにレザースニーカーを合わせることで、品のあるカジュアルにします。
■28,000円

>> AG 公式サイトへ

 

 

【2位】マザー(MOTHER)

 

デニム通に愛されるitブランド!

ほどよくカジュアルダウンできる大人女性の味方『MOTHER』は、世界中のデニム好きから支持されるLA発のデニムブランド(2010年に誕生)。
一度はいたら病み付きになる柔らかい穿き心地や、ボタン・ステッチなど細かい部分までこだわったディテール、ヒップや脚など体のラインが美しく見えるように計算されたシルエットが人気の理由。

マザー×人気の白デニム4選!

マザー 白デニム

 

THE HUSTLER ANKLE FRAY

ホワイトの大定番といえばこの「THE HUSTLER ANKLE FRAY」。ほぼストレートに近く、ちょっとだけ膝から裾にかけてフレアになっているのが特徴で、日本人に一番似合うと言われています。
折り目の入ったセンタープレスがコンサバ&大人っぽく、きれいめに穿けるのが人気の理由。裾はカットオフ。
〈コーデ〉刺繍で少し黄色を取り入れたブラウスが春らしい。
■30,000円

 

マザー 白デニム2

 

THE DAZZLER ANKLE FRAY

野暮ったくない大人の白スキニーとして定番のストレートデニム「THE DAZZLER ANKLE FRAY」。太ももから膝までほぼスキニー、膝から裾まではすっきりとしたストレートなのが特徴で、細身好きの方に人気です。
〈右コーデ〉ブラウンをキーカラーに今っぽさときちんと見えを両立。今年らいいゆるジャケットなら、上からトートを肩掛けしても窮屈にならない。
〈下左コーデ〉重量感のあるアウターには足元にもある程度の重みがある黒のハイカットが好相性。切りっぱなしデニムとハイカットの組み合わせは鉄板。
■29,000円

 

マザー ホワイトデニム

 

TOMCAT ROLLER CHEW

アイテム名のとおり、裾を噛まれたような切りっぱなしデザインがポイント! ノスタルジックな雰囲気を感じさせるクリーム色は、コーデに馴染みやすく、リラックスした印象も。
〈コーデ〉アウター代わりにもなるロングワンピをワイドデニムにはおって、旬のルーズシルエットをmake! ラフさと優しげなオーラをいいとこ取りできるクリーム色のデニムには、淡いイエローの花柄やウッドソールのサンダルで気張らない“ナチュラル感”を後押し。
■31,000円

 

マザー ホワイトデニム2

 

CROP LOOKER

立体裁断でモタつきなし! 前・横・後ろ360°から美脚に見えるスリムデニム「CROP LOOKER」は、海外セレブ着用で人気に火がついた名品。クロップド丈で絶妙なヌケ感も演出。
〈コーデ〉可愛くなりがちなドットブラウスは、デニムでラフに着崩して。
■29,700円

>> マザー 日本紹介サイトへ

 

 

【3位】サージ(SERGE de bleu)

 

高感度な大人に選ばれる新進ブランド!

感度の高い人がこぞってはく『サージ』のデニム。2015年にスタートしたジャパンメイドにこだわるデニムブランドで、ヴィンテージらしさがありつつも今っぽいモダンさも持つ。また、デニムは日本の職人たちの技術が詰まっています。

サージ×人気の白デニム3選!

サージ 白デニム

 

スタックス

裾へと細くなるシャープなライン、くっきり浮かぶセンタープレスならまっすぐな脚を連想させられる。きれいめな装いにも合う一本。
〈コーデ〉クリーンで知的なホワイトにアクセで味つけを…。清潔感があり、知的な印象を与えるホワイトの組み合わせ。どこか緊張感のあるオールホワイトコーデのアクセサリーはシルバーで統一して、とことんハンサムに徹するのが正解。
■20,350円

 

サージ ホワイトデニム

 

ホワイトブリーチ デニムパンツ

ゆったりとしたシルエットが程よいカジュアル感を残してくれる。白に映える茶色のステッチも効いています。ウエストからストンと落ちるラインが脚長効果高め。ラフにもキレイめにもコーデの幅が広いのも魅力。
〈コーデ〉都会的なセンスを放つALLホワイトの着こなし。
■20,800円

 

サージ ホワイトデニム2

 

ボーイボーイフレンドフィッティング

適度にフィットするボーイッシュなリラックスシルエットが特徴で、どんな着こなしにも合わせやすい新定番モデル。肌触りがよくて穿き心地のいい11.75オンスのオーガニックコットンデニム(綿100%)。

〈コーデ〉一般的には難しめなホワイトデニムですが、ホワイト×ベージュの大人トーンで合わせたらスッキリ見えるし、おしゃれ度がUP。
■23,980円

>> サージ 公式サイトへ

 

 

【4位】アッパーハイツ(upper hights)

 

言わずと知れた「日本発の大人デニムブランド」!

雑誌Oggi、VERY、STORY、CLASSYなど多数掲載! 2014年にスタートした東京発のデニムメインブランド。「シンプル×スタイリッシュ」というテーマを掲げ、色褪せないデザインながら“日本人が穿いてこなれて見える”生地やシルエットを計算し構築。

アッパーハイツ×人気の白デニム2選!

アッパーハイツ ホワイトデニム

 

THE LADY

ヴィンテージライクな独特の風合いを楽しめる。国産素材を使用して製品染めを施したホワイトデニムは、スモーキートーン加工が絶妙のこなれ感を演出します。股上が深いボーイフレンドフィットながら「THE LADY」と名付けられている通り、裾にかけてスラッと細くなり女性らしく美しいシルエットを楽しめます。
〈コーデ〉夏らしい軽やかな黒を効かせてコーデをピリッと引き締めて。
■25,300円

 

アッパーハイツ 白デニム

 

THE STELLA

アッパーハイツを有名にした名品デニムがこの「THE STELLA」。腰周りゆとりをもたせつつ美脚をかねえたスリムテーパード。ストレッチ生地で動きやすくシーンを選ばない。
〈コーデ〉ふんわりボリューム感のあるトップスには細身デニムを合わせてメリハリを。
■25,300円

>> アッパーハイツ 公式サイトへ

 

 

【5位】レッドカード(RED CARD)

 

ファッションプロが指名買いする「究極のジャパンデニム」!

日本デニム界に革命を起こした『RED CARD』は、2014年に創立したデニムブランド。
リアルヴィンテージのように立体感を感じるアタリやヒゲの熟練加工、そこに日本の巧みなクオリティ技術を組み合わせたデニムを展開。モデル、雑誌編集者、スタイリスト、芸能人からの指名買いが殺到し、今やジャパンデニムを代表するブランドの1つに。

レッドカード×人気の白デニム2選!

レッドカード ホワイトデニム

 

Anniversary Highrise(アニバーサリー ハイライズ)

レッドカードの伝説的スリムデニム「アニバーサリー」の股上を深くしたモデルで、現在ブランドの定番です。「カイハラ社」製のハイパワーストレッチ素材を使用。軽糸に超長綿のスーピマコットンを使用し、フラットで滑らかな表面に仕上がっている。生地柔らかいので、ストレスフリーで穿けると好評。
〈右コーデ〉クリーンで女らしいカジュアルがトレンドの今、上下のコントラストが強いモノトーンはエクリュデニムとなじむベージュのパンプスを。モチーフ付きでさりげなくアクセントを添えるのがちょうどいいんです。
■19,000円

 

レッドカード 白デニム

 

Marmalade Midrise(マーマレード ミッドライズ)

今年注目されているフレアを取り入れたミッドライズモデル。ゆるめのフレアは“ザ昔”にならず初めての方でも着やすく脚長効果も◎。
〈コーデ〉マニッシュなムードが、カッコイイ旬の着こなしに導くポイント。
■23,100円

>> レッドカード 公式サイトへ

 

 

【6位】ヤヌーク(YANUK)

 

キレイで穿き心地最高! 「ラク美脚デニム」で有名!

“LAのリラックス感”から生まれた高級デニムブランド『YANUK』。最大の特徴は「女性らしさが増す美しいシルエット」と「極上の穿き心地」。あえて強いダメージや色落ち加工は避け、清潔感を大切にする所も大人に支持される理由です。

ヤヌーク×人気の白デニム6選!

ヤヌーク 白デニム

 

PATRICIA(パトリシア)

創業当時から続く、ヤヌークの定番スキニー「パトリシア」。お尻がより美しく見えるバックポケット、深めの股上に変更されるなど時代に合わせてアップデートがされています。自然なムラで立体感のあるホワイトカラーが“こなれカジュアル”を約束。
〈コーデ〉絶妙なシルエットと素材感で美脚を叶える優秀ホワイト。定番のボーダー×ホワイトデニムもグッと垢抜ける。
■20,900円

 

ヤヌーク 白デニム2

 

RUTH(ルース)

穿きやすくて美脚、万能選手のスリムテーパード「ルース」。「パトリシア」よりも太ももにゆとりがあって、脚のラインを拾わないという大人に嬉しい作り。股上深めのミッドライズ、さらにベルト1つ分深いハイウエストの2種類があります。
〈コーデ〉着膨れが気になり敬遠しがちな白コーデも、ニットを肩がけしてメリハリを出せば挑戦しやすい。
■23,000円

 

ヤヌーク ホワイトデニム

 

ANNETTE(アネット)

細身に飽きたけれど太めは抵抗がある…、しかも“こなれも欲しい”。そんな大人のわがままを叶えるストレートデニム「アネット」。お尻は体にフィット、太ももから下は少しゆとりをもたせ、裾は切りっぱなしで女らしくはけます。
〈コーデ〉デニムカジュアルの日でも、大人っぽい華やかなビジューやリボン付きトップス、インナーのレースを裾から見せることで大人可愛さを足します。ホワイトデニムは大人ブランドを合わせると、お出かけ着に昇格。
■23,000円

 

ヤヌーク ホワイトデニム2

 

LEA(レア)

マニッシュに穿きこなせるボーイズストレート「レア」。股上深め&ゆとりあるストレートながら、まったく野暮ったくないのが特徴です。
〈コーデ〉白とネイビーで作る爽やかなプレッピーコーデ。カジュアルアイテムだけで仕上げたプレッピースタイルは、爽やかな白とネイビーの2色でまとめることで品のある装いに。スポーティな小物合わせで、コーデにアクティブな印象を追加してみて。
■23,000円

 

ヤヌーク ホワイトデニム3

 

COLLEEN(コリーン)

ハイウエストで、ヒップから脚にかけて丸みをもたせながら、膝から裾へかけては緩やかに細くなるこだわりシルエット。あえてヒップに余裕をもたせることで、ウエストがキュッと締まって見えます。綿の色などは漂白処理をせずに、素材の色合いを残しています。
■23,000円

 

ヤヌーク 白デニム4

 

LILITH(リリス)

ヤヌークで1番ワイドな「リリス」。流行のハイウエスト、ストンと直線的な作りは、お腹まわりや腰周りを自然にカバー。お尻を高く見せるパターンなのでバックスタイルも美しい。
〈コーデ〉紺ブレ×オールホワイトで女度の高いカジュアルに! 春になるとオールホワイトコーデが着たくなります。白を程よく引き締めるのに肩掛け紺ブレザーは欠かせません。パンツはヤヌークでも人気のエクリュカラーです。
■25,000円

>> ヤヌーク 公式サイトへ

 

 

【7位】ディーゼル(DIESEL)

 

「イタリア×プレミアムデニム」の定番!

デニムが有名な、イタリアのプレミアムカジュアルブランド『ディーゼル』。その人気のヒミツは、きれいな色落ちの再現などヴィンテージさながらの加工技術。その日からデニム通な“こなれ”が手に入ります。さらにストレッチの機能性、テーラーメイドなシルエット(見た目)も完璧です。

ディーゼル×人気の白デニム2選!

ディーゼル 白デニム

 

D-Rifty(スリムデニム)

リラックス感がありつつカジュアルすぎない、大人の理想を追求したスリムモデル。ヴィンテージさながらのダメージ加工や抜け感のあるフォルムなど、今どきのこだわりが満載!
〈コーデ〉遊び心の効いた甘すぎないピンクで新鮮な着こなしに…。ホワイトデニムがほんのりピンクがかったような、絶妙な色出しがオシャレ。裏側は鮮やかなピンクに染められた遊び心のあるデザインで、ロールアップした着こなしも楽しめます。
■29,000円

 

ディーゼル ホワイトデニム

 

Fayza

『ディーゼル』のロングセラーといえば、なボーイフレンドデニム「FAYZA」。太もも外側かから裾の後ろにかけて交差するようなプリーツが入れてあり、前からも横からも脚のラインが引き締まってみえます。
■28,000円

>> ディーゼル 公式サイトへ

 

 

【8位】マディソンブルー(MADISONBLUE)

 

安定の大人ブランドは「大人デニムも得意!」

人気スタイリストの中山まりこさんが手がけるドメスティック(国内)ブランド。上質で着心地のいい、本質を極めた「大人のリアルクローズ」を提案し、2014年設立ながら今や30代・40代ファッション誌の常連。

マディソンブルー×人気の白デニム2選!

マディソンブルー 白デニム

 

へムカットスリムフレアデニム

やっぱり細身が好きな人も更新した感を持てるフレアデニム。スッキリはけるクロップド丈、ちょいフレアなシルエット。膝のあたりでシェイプされ、すらっと美脚に見え、白デニムにシャツもシルエット次第で途端に今っぽく!
■31,900円

 

マディソンブルー ホワイトデニム

 

ヘムカットオフ ストレートデニム

落ち感のきれいなストレートシルエットは、真っ白すぎない白のトーンが、どんな色とも合わせやすい。カットオフされた裾にセンスの良さが漂う。
〈コーデ〉体のラインを拾いすぎないハリ感が嬉しい。白×ベージュのボーダーならクリーンな印象に。
■38,000円

>> マディソンブルー 公式サイトへ

 

 

【9位】イレーヴ(YLEVE)

 

ファッションプロも愛用!

OggiやDomaniに常連掲載……。日本の働く女性・OLの“今欲しいリアルクローズ”を叶えるブランド。シンプルでいて美しいシルエットと、大人の体型をきれいに見せるゆとり、そのバランスが絶妙。ハンドメイドを感じさせる仕立てやパターン。ビームス、ドゥーズィエムクラスなどセレクトショップでも展開されています。

イレーヴ×人気の白デニム!

イレーヴ 白デニム

 

13.5oz DENIM HIGH WAIST TAPERED

スタイリストやモデルさんも愛用する「大人ホワイトデニムの隠れた名品」。旧織機で織られた13.5オンスのオリジナルデニム生地は、本物志向な上に透けにくい適度な厚み。少しハイウエストで腰からお尻のラインが美しいシルエット。
〈コーデ〉程よいゆとりのシルエットなら、ラフな白コーデに使えます。
女っぽさをダイレクトに楽しみたいなら、シアーなブラウスを選択。肉感を拾いすぎない程よいゆるテーパードで、トップスの女らしさとモノトーンの緊張感をマイルドに。
白のリネンジャケットでセットアップを狙えば、リッチなきちんと感に。
■24,000円

>> イレーヴ 公式サイトへ

 

 

【10位】セオリー(Theory)

 

「きれいな形」は、スタイリストやモデルさん絶賛!

『セオリー』といえばシルエットの美しい名品パンツが有名な、アメリカ・ニューヨーク生まれのファッションブランド。ちなみにコンセプトは、シンプルでベーシックなデザインにトレンドを加えた服。上質で大人のデイリーにマッチします。

セオリー×人気の白デニム!

セオリー 白デニム

 

Blanc Alma High Rise Crop

シンプルで長年愛せる飽きのこない定番デニム。ナチュラルなコットン生地をベースに仕立てており、ストレッチ性もあって穿きやすさも抜群。美脚に定評のあるブランドの上に透けにくいなんて最高です!
■26,400円

>> セオリー 公式サイトへ

 

 

【11位】AGOLDE(エーゴールドイー)

 

スタイリストさんなど「ファッションに敏感な女性」に人気!

アメリカ・ロサンゼルス発のレディースデニム専門ブランド。デニムはLAにある自社工場と縫製工場で作る「メイド イン ロサンゼルス」にこだわる職人気質なブランドです。
また、トレンドを追うのではなく、AGOLDEの個性と信念を大切にしたデニム作りも特徴。

AGOLDE×人気の白デニム!

AGOLDE 白デニム

 

ハイライズストレート

2017年に日本上陸を果たしたLA発の注目ブランド『AGOLDE』から、形はキレイ、加工は本格派。オシャレに見える白デニム。股上深めのハンサムな細身ストレートはシンプルに着こなしても素敵。
〈コーデ〉デコラな足元や旬のリネンジャケットで、モノトーンを新鮮にアップデート。
■24,000円

>> AGOLDE 公式サイトへ

 

 

【12位】アーペーセー(A.P.C.)

 

「大人のためのフレンチデニム」といえばココ!

名品デニムも揃ってる! 上質な大人ベーシックに定評のあるフランス・パリ生まれのファッションブランド『A.P.C.』。服全般を取り扱っていますが、日本ではデニムが人気高め。雑誌のデニム特集ではA.P.C.の名品がたびたび紹介されるほどです。

アーペーセー×人気の白デニム!

APC 白デニム

 

PANTALONE EWAN

あえて綿花のカスを残しており、きれいにブリーチされたホワイトデニムとはひと味違う、ナチュラルな色味と風合いがポイント。バイオ加工を施すことで柔らかく、馴染みやすい穿き心地を実現しました。
〈コーデ〉ワーク感のある着こなしは白で統一してきれいめに。
■28,600円

>> アーペーセー 公式サイトへ

 

 

【13位】アナトミカ(ANATOMICA)

 

マリリンが愛したデニムの再解釈「マリリン」が絶対定番!

1994年にフランスで創業したファッションブランド。“本物”と呼べる服作りにこだわり完全フランス製のコレクションをスタート。2008年に常連客でインポートディーラーだった寺本欣児さんと出会い、日本製のアイテムを展開。2011年に日本に本格上陸しました。

アナトミカ×人気の白デニム!

アナトミカ 白デニム

 

618 MARILYN

マリリン・モンローが穿いていたモデルがベース。薄手のデニムを使用しており、穿き込んだように柔らかく、軽いのが特徴。股上が深く、裾に向けてストンと落ちるストレートシルエットで、包み込むような穿き心地はまさに女性のためのデニムと言うべき。
■27,000円

>> アナトミカ 公式サイトへ

 

【14位】AALTO(アールト)

 

知的なエッセンスを備えた「都会派デニム」

2015年にスタートしたフランス・パリ発のファッションブランド。知的でエレガントな女性らしさと、都会的なディテールをMIXさせたスタイルを提案しています。創業者はルイヴィントンで経験を積んだフィンランド出身の「トーマス・メリコスキ」氏。

AALTO×人気の白デニム!

AALTO 白デニム

 

ホワイトデニム

メンズライクな太デニムは、甘めのピンクで中和。このバランスが今年っぽい! ハリのあるデニム素材が◎。ワイドパンツ感覚ではけばOK。
〈コーデ〉きれいめ素材はひと昔前の印象になるのでNG。コットンやデニムといったカジュアル感のある素材が今年らしさの肝!
■38,000円

>> AALTO 公式サイトへ

 

 

【15位】リダン(RE/DONE)

 

ヴィンテージデニムに手仕事で旬を吹き込む、カスタムデニム系ブランド!

ヴィンテージデニムの個性を活かしながら、全てのデニムを手作業で加工・縫製している『リダン(2014年に設立したLAブランド)』。リーバイスのヴィンテージデニムのカスタムを中心に展開しているLAブランドで、リーバイスが唯一カスタムを公認しています。

リダン×人気の白デニム2選!

リダン 白デニム

 

High-rise wide leg cropped white

カスタムが得意な『リダン』が手がける白のワイドクロップドデニムは、クリーンな白とラフなディテールのMIXが絶妙! ハイライズ&ゆとりのあるシルエットも相まって単調にならず“脱無難”な洒脱感を与えてくれる。
〈コーデ〉ブルーデニム特有の無骨さやカジュアル感がどうも苦手…という人には白デニムがおすすめ。いつものきれいめ白パンツ感覚ではけるのに、断然こなれた雰囲気に。さらにモノトーンでまとめるとスマート!
■36,000円

 

リダン ホワイトデニム

 

High-rise Stove Pipe white

裾の切りっぱなしと、程よい太さ、短め丈と、安定感のあるデザイン。デザインブラウスと合わせればオフィスにも躊躇なく着て行けます。
〈コーデ〉最近気になるオールホワイト。きれいめすぎない太シルエットとダメージ感がお気に入り。コンサバにまとまりすぎないように、足元はパンプスでなくブーツ。
■30,000円

>> リダン 公式サイトへ

 

 

【16位】ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)

 

あまり知られていない「穴場のデニム」が見つかる!

スタンダードなオリジナルアイテムや、旬のブランドをミックスした独自のセレクトが光る、国内セレクトショップの1つ。20以上のファッションブランドを運営する、アパレル大手『ベイクルーズ』が手がけています。主に20代~40代向けのファッション誌に掲載されます。

ジャーナルスタンダード×人気の白デニム!

ジャーナルスタンダード 白デニム

 

シオタ(CIOTA)テーパードデニム

ラフすぎないストレートがスラックス感覚で使いやすい! デニムの聖地「岡山県」の生地・縫製工場である株式会社シオタが作りあげた本格デニム。リッチカジュアルが好きなコンサバさんにもってこいの一本です。
■26,400円

>> ジャーナルスタンダード 公式サイトへ

 

 

【17位】マイ(MY___)

 

ちょっぴり新鮮で高品質な「新定番デニム」

「普遍的な新しいスタンダード」をテーマにする日本のファッションブランド『UNIVERSAL PRODUCTS』のレディースラインとして2013年にスタート。デイリーユースしたくなるような、着心地や素材にこだわった高品質な服が揃っています。

マイ×人気の白デニム!

マイ 白デニム

 

DENIM SLACKS(デニムスラックス)

スラックスを踏襲して上品に穿けるのが魅力。ブランドスタッフ内での人気も高い、新作のホワイトデニム。ワンタック入りのテーパードシルエットで、スラッシュポケットや玉縁ポケットなどのディテールがちりばめられており、まるでスラックスのようにきれいめに穿けます。秋冬のホワイトコーデの主役としておすすめ。
■22,000円

>> マイ 公式サイトへ

 

 

【18位】ルシェルブルー(LE CIEL BLEU)

 

おしゃれ心をくすぐる斬新デニム!

「ファッションを愛するすべての女性に向けたトレンド発信ショップ」をテーマに誕生。“普通”という概念に囚われない遊び心をミックスしたスタイルが、ファッショニスタからの支持率高!

ルシェルブルー×人気の白デニム!

ルシェルブルー 白デニム

 

ホワイトデニム

ヘビーオンスのデニム素材を使用。ヒップまわりは、自然と丸みをおびたシルエットが今年らしいイチオシのデニムです。ホワイトはプレーンに見えがちなので、縦ラインを強調してくれるセンタープレス加工をプラス。
〈コーデ〉何にでも合わせやすいマルチなデニムですが、ラガーシャツやボーイッシュなトップス合わせがオススメ。
■20,000円

>> ルシェルブルー 公式サイトへ

 

 

【19位】ジョーズ・ジーンズ(JOE’S JEANS)

 

知る人ぞ知る「最上級デニム」

2001年にスタートしたアメリカ・カリフォルニアのプレミアムデニムブランド。LAの空気感とロックな感性を備えたデザインが特徴。アメリカのトップモデルとコラボしたり、クオリティの高い日本製デニムも展開しています。

ジョーズ・ジーンズ×人気の白デニム!

ジョーズジーンズ 白デニム

 

The Luna

ハイライズのシガレットデニム。単調な白で終わらないヴィンテージな風合いと、細身でも動きやすいストレッチ性を兼備。日常からアクティブな公園などにも対応でき、生地の本物感まであるというワンランク上のディテール。
〈コーデ〉白のデニムで冬の着こなしを軽やかにする上級テクニック。伸縮性のあるデニムならスタイルアップも叶う。臆せずトライしてみて。
〈コーデ〉ビッグシルエットが白スキニーとバランスよし。カラーボーダーなら無難に終わらないシンプルコーデに。
■23,000円

>> ジョーズ・ジーンズ 公式サイトへ

 

 

【20位】ウィムガゼット(Whim Gazette)

 

モード感のある、新しいホワイトデニム!

高感度な大人の女性に向けた日本のセレクトショップ&オリジナルブランド。ベーシックなリアルクローズを、モードMIXで“今”の気分にした服を提案しています。

ウィムガゼット×人気の白デニム!

 

ウィムガゼット 白デニム

 

エクリュ デニム

女らしさとトレンド感は抜群、夏のピュアホワイトとは趣の異なるエクリュ。温かみのあるエクリュホワイトならニットやファーなどの冬素材とも好相性。ブーツ合わせにもなじみます。
〈コーデ〉トレンドのブラウンともマッチ。パンチの効いたデザインニットやハットも同色系で揃えれば難しくありません。
■21,000円

>> ウィムガゼット 公式サイトへ

 

 

③プチプラブランド〈TOP7〉

予算3千円~1万円!

安いのに評判がいい、主婦にも嬉しい低価格ブランド。

アンケート結果

【プチプラ】大人の白デニムで1番好き・穿いているブランドは?

  • ユニクロ (27%, 100 票)
  • GU (18%, 67 票)
  • AZUL BY MOUSSY (17%, 62 票)
  • ミラオーウェン (15%, 56 票)
  • ザラ (14%, 51 票)
  • ギャップ (7%, 24 票)
  • ベルシュカ (2%, 8 票)

アンケートの総投票数: 368

読み込み中 ... 読み込み中 ...

【1位】ユニクロ(UNIQLO)

 

主婦からプロまで、こぞって穿かれるコスパデニム!

ユニクロはベーシックなイメージが強いですが、デニム系はトレンドにも敏感なラインナップになっています。
買いやすい値段はもちろんですが、なんと言っても種類もカラーも豊富だから、お店を覗くたびにお気に入りが見つかります。

ユニクロ×人気の白デニム3選!

ユニクロ 白デニム

 

レギュラーフィットストレートハイライズジーンズ

程よい厚みのある13オンスのコットン100%デニムは、脚のラインに響くことなくキレイなストレートフォルムが楽しめます。色は、明るい色や暗い色にも合わせやすいオフホワイト。一本で様々な着こなし
〈コーデ〉肌なじみのいいオフ白は、白いTシャツと合わせて今っぽいオールホワイトに。流行のバケットハットで一歩先の流行を先取り♪
■3990円

 

ユニクロ ホワイトデニム

 

ウルトラ ストレッチジーンズ

普通の白スキニーはラインや素材によっては太って見えることも。でもこのデニムは薄すぎない素材感、サイズ展開が豊富でピタピタじゃないサイズが選べるこのデニムはまさに理想の1本。足首がきゅっと締まっているラインも◎。
■3990円

 

ユニクロ 白デニム3

 

ワイドフィットカーブジーンズ

しっかりと厚手で透け感も無し! ワイドパンツ感覚で使えるキレイめ感が人気のヒミツ。裾に向かうほどゆるくカーブするシルエットが脚のラインをきれいに見せてくれる。深めのハイライズだからタックインこそ◎。
〈コーデ〉公立小なので、オフホワイトのキレイめデニムなら学校行事もOK。だらしなく見えないよう、必ずトップスはINするのがルール。
■3990円

>> ユニクロ 公式サイトへ

 

 

【2位】GU(ジーユー)

 

「ベーシック or トレンド」の2大デニムがロングセラー♪

プチプラ×トレンドを牽引し続ける大人気ファッションブランド。年齢層は10代~40代と幅広く、学生・OL・主婦・ママと職種を選ばず利用されています。
大人の間ではハイウエストデニムを中心に毎年安定した人気。

GU×人気の白デニム2選!

GU 白デニム

 

ハイウエスト ストレートジーンズ

2018年に登場してから人気継続中のロングヒットデニムがこの「ハイウエスト ストレートジーンズ」。
このクオリティでこのプライス、まさに神! 素材もしっかりしているし、丈感もちょうどいいのも嬉しい。サイズを1つ上げて少しゆとりを持たせてはくと細く見えるし、白デニム=コンサバのイメージも回避できます。
〈コーデ〉黒を効かせて白デニムの膨張をセーブ。
■2490円

 

GU ホワイトデニム

 

ハイウエスト マムジーンズ

太もも周辺に丸さとゆとりを持たせ、お腹や太ももの体形カバーを叶えつつ、可愛らしさも手に入る「ハイウエストマムジーンズ」。
今どきなハイウエストだから、ウエストインやショート丈トップスを合わせればトレンド感も手に入る!
■2490円

>> GU 公式サイトへ

 

 

【3位】AZUL BY MOUSSY(アズール バイ マウジー)

 

憧れのマウジーデニムが1万円以下で買えちゃう!

「クールなデニムカジュアル」をテーマにしているマウジー系レディースファッションブランド。“マウジー”系列の中では一番価格がお手頃。とはいえ10代~30代と年齢層は広めとなっています。

AZUL BY MOUSSY×人気の白デニム!

アズール バイ マウジー 白デニム

 

ハイウエストデニムワイド

コスパ◎! 脚のラインがはっきりでないから、体形カバーしつつパッと華やかになれる太めのストレート。ハイウエストで大人の女性らしさが備わります。真っ白すぎない生成りが、トレンドのカラーアイテムとも馴染みやすい!
■7700円

〈右上コーデ〉デニムだと簡単です!今年らしいオールホワイト。トップスやインナーなどの素材違いの白をまとめ、オールホワイトのコーデが作りやすい白デニム。普段はしろデニムをはかないというハンサムカジュアル派も、今年はこんな着こなしが気分なんだとか。ハイウエストでワイドなストレートが誰でも使いやすく、女らしさもブラッシュアップしてくれます。
〈左下コーデ〉思いっきり色で遊んでも白デニムならヘルシーになる! ビビッドカラーと相性がいいのはワイドな形とオフホワイトだから。コンサバになりすぎず、ほどよくヘルシーなコーデになります。気温が上がるにつれ頼りたくなる、ペタンコ靴でもバランスが取りやすいのはハイウエストのおかげ。
〈右下コーデ〉今季らしいアースカラーと相性がいいのも生成りです。 パキッとした白より馴染む、ほんのりアイボリーなデニムを主役にグラデーションを作って大人な季節感を演出。

>> AZUL BY MOUSSY 公式サイトへ

 

 

【4位】ミラオーウェン(Mila Owen)

 

トレンドもバッチリ! 「大人コスパデニム」なら外せません!

「都会的・トレンド・コスパ」の3拍子が揃った東京発ファッションブランド。ユニクロやGUよりワンランク上の、ちょっと良い服を、しかも今っぽさもほしい、そんなワガママを叶えるブランドとして今大人気! 雑誌掲載や特集も多い定番です。

ミラオーウェン×人気の白デニム2選!

ミラオーウェン 白デニム

 

裾段差脇スリット ストレート

Oggi、VERY、STORYほか雑誌掲載多数! “ミラオーウェンの名品”のひとつとして毎シーズン大人気のデニム。前後差をつけた裾と、日本人が似合うストレートが特徴的。こなれる細身ストレートの名作です。
〈コーデ〉ブラウンのざっくりニットで白デニムをモダンな表情に導いて…。サファリ感を小物に託して、シンプルにまとめるのがかっこいい。細身デニムだからざっくりニットとも好バランスに。
■7800円

 

ミラオーウェン ホワイトデニム

 

裾切替ワイドデニムパンツ

やや太&ハイウエストのシンプルなデザインは、誰もが挑戦しやすい一本。コンサバ派にもおすすめ。ゆるっとシルエットですが、ウエスト位置が高くてバランスよく見えます。コンパクトトップスとも相性抜群です。
〈コーデ〉ハイウエストならフラット靴でもバランスが取りやすい。
■8800円

>> ミラオーウェン 公式サイトへ

 

 

【5位】ザラ(ZARA)

 

トレンドデニムは、まずここから見ておきたい!

おしゃれ好き御用達のファストファッションブランド(プチプラブランド)『ZARA』は、1975年にスペインで創業。中でもデニムはベーシックからトレンドまで、ラインナップが幅広い十八番アイテム♪

ザラ×人気の白デニム2選!

ザラ 白デニム

 

ハイライズスリムフィットデニムパンツ

程よい細身で今年らしい切りっぱなしのZARAは、カジュアルにもキレイめにも穿ける逸品。
〈コーデ〉ネックラインを美しく見せてくれるふんわりトップスと合わせてメリハリのあるシルエットに。
■5990円

 

ザラ ホワイトデニム

 

スリムボーイフレンドデニム

ほどよくダメージ加工を施すことでホワイトデニムのコンサバ感を払拭。今季はベージュやリネン素材と合わせるのがおすすめです。
〈コーデ〉ブラウス×白デニムの女らしい着こなしは、色数を抑えるのがカギ。
■5990円

>> ザラ 公式サイトへ

 

 

【6位】ギャップ(Gap)

 

実は「本格デニム」もある真面目なGAP

デニムは売れ筋商品のひとつ! イオンにも出店しているお馴染みのアメリカンカジュアルブランド『Gap』。カジュアルに強いだけあって、デニムは種類やサイズ展開がたくさんあります。

ギャップ×人気の白デニム!

GAP 白デニム

 

ハイライズ バレルジーンズ

伸縮性なし、はき込むほど風合いが増す“デニムを育てる楽しみ”も可能なオーセンティックデニム。ぽっこりお腹、腰まわりの張りをカバーしてくれるのもポイント!
〈コーデ〉デニムはブルーではなく白を。カジュアルな日こそ女度高く。目新しいアイテムに挑戦するときは、まずは安心のデニム合わせで、でもちょっと女っぽくありたいなら白がベター。ニットも白でいっそうクリーンに。
〈コーデ〉ほっこりブラウングラデは白でクリーンにこなして。土っぽいアースカラーの濃淡は、クリーンなモノトーン合わせがおすすめ。首周りや手首、足首見せで、抜けを出すとすっきりした印象に。
■6900円

>> ギャップ 公式サイトへ

 

 

【7位】ベルシュカ(Bershka)

 

トレンドプチプラが得意な、ZARAの妹ブランド!

2011年、日本に上陸したスペインのファストファッションブランド。『ZARA』の姉妹ブランドであり、流行を意識したデザインが中心。年齢層は10代~20代と若めです。

ベルシュカ×人気の白デニム!

ベルシュカ 白デニム

 

マムフィットデニムパンツ

お尻周りがゆったりしていて、裾に向かって細くなる「マムフィット」シルエットは美脚効果抜群。アンクル丈がおしゃれ度をグッと高めてくれる。
■3590円

>> ベルシュカ 公式サイトへ

 

 

あわせて読みたい!

    誰でも簡単にできる「ジーンズのダメージ加工」を紹介♪ 今どきの旬なデニムと言えば、こなれたク…

記事の続きを読む »

  おしゃれな大人は持っている「名品パンツ」も紹介! 脚の長さやお腹まわりなど、気になる悩みだってスタイルよく…

記事の続きを読む »

  「ブランド&定番モデル・コーデ例・お手入れ」の3本立て! 実はデニム並みに扱いやすい、カジュアルにもキレイ…

記事の続きを読む »

  どんなシーンやコーデにも頼れる黒スキニー。 着まわし力抜群で、スラッとした脚長&美脚もかなえてくれる黒スキ…

記事の続きを読む »

  プチプラ服で賢くおしゃれを楽しむならココ! 今回は、大人の女性たちが愛用しているプチプラ服ブランド(ランキ…

記事の続きを読む »

  おしゃれな大人は愛用している、とっておきの一枚♪ シンプルだからこそ、シルエットや素材にこだわりたい「Tシ…

記事の続きを読む »


もっとブランドを見る

30代 女性ブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


検索

最新の記事一覧

人気カテゴリ


化粧品・美容ブランド

ネックレス ブランド

指輪ブランド

女性 財布ブランド

レディースブランド一覧




  • プレゼント×アンケート投票

    誕生日プレゼントで貰って嬉しいものといえば?


    現在の結果だけを見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に