食器ブランド

人気ブランドをはじめ、選び方・洗い方も紹介しています。

 

食卓の主役といえば食器。

今回は結婚祝いやプレゼントに選ばれる高級食器ブランドから、日常をちょっぴり贅沢にしてくれるオシャレでお手頃なブランドまで、「海外・日本の有名食器ブランド」を元にした人気ランキングと、食器の選び方や洗い方を紹介しています。

目次(もくじ)

食器選びのポイント

食器ブランドの人気ランキングTOP30

■1位:ロイヤルコペンハーゲン

■2位:ウェッジウッド

■3位:ノリタケ

■4位:マイセン

■5位:リチャード・ジノリ

■6位:ナルミ

■7位:ロイヤルクラウンダービー

■8位:レイノー

■9位:エルメス

■10位:ビレロイ&ボッホ

■11位:ティファニー

■12位:アフタヌーンティー

■13位:アラビア

■14位:ロイヤルウースター

■15位:大倉陶園

■16位:ヘレンド

■17位:ロイヤルアルバート

■18位:エインズレイ

■19位:アビランド

■20位:ミントン

■21位:ジアン

■22位:ロイヤルドルトン

■23位:ベルナルド

■24位:フッチェンロイター

■25位:フィリップデズリエ

■26位:スポード

■27位:ローストランド

■28位:ロイヤルデルフト

■29位:ローゼンタール

■30位: カールスパード

食器の洗い方・収納方法

食器を購入するときのポイント


①失敗しない食器選びのポイント

最初に揃える時は、応用範囲の広い器を必要なだけチョイスして

食器

 

最初は、応用範囲の広いシンプルな器を必要なだけチョイスして、徐々に買い足していく方法がおすすめです。デザインを決めるときは、セッティングのときに位置皿として使うディナー皿を基準に選びます。メーカーによって25cm~27cmくらいまで幅があるので、テーブルの大きさやインテリアとのバランスを考えることを忘れずに。衝動買いは禁物です。

 

まず揃えたいのはディナー皿、パン皿、スープ皿、フルーツサラダを取り分ける皿とコーヒーカップ&ソーサ。これだけあれば、毎日の食事からディナー、ティータイムのおもてなしまで使えます。

 

もしも色や柄選びで迷ったら、どんな料理も引き立ててくれる白い器が便利。また、食器は見た目と料理を盛ったときでは印象が違ってくるものなので、最初は2人分から揃えて、徐々にお客さま用を買い足していくのも賢い方法です。

買い足すなら盛り皿や変形皿から。手持ちの器との組み合わせも考えて

変形皿

出典:http://marumitsu.jp/

 

おもてなしのスタイルが決まってきたら、必要な器を買い足していきましょう。コースディナーでもてなしたいなら、まず同じデザインのデザート皿を。次に、テーブルのアクセントになる盛り皿のオーバルプラターやサラダボウル、変形皿を加えていくと重宝です。

 

盛り皿は、テーブルのスペースに合わせて大きさと形を選ぶのがポイント。クレセント形、シェル形、リーフ形などがある変形皿は、オードブルやデザートにも使えるので、他の器との相性を考えながら選ぶといいでしょう。

 

こうした器は、違うデザインを組み合わせても楽しいもの。ただし、そのときは地肌の白を揃えるのを忘れずに。同じ磁器でも、ポーセリンとボーンチャイナでは地肌の色が違うので注意が必要です。また、食後のコーヒーや紅茶にまったく違うデザインのカップを使うこともルール違反ではありません。

 

コーヒー&ティーセットは最初から趣味性の高いものをそろえ、使い勝手がいいようなら、ディナーセットも同じデザインで揃えていく。そんな方法も、失敗をしない食器の揃え方のひとつです。

②食器ブランドの人気ランキングTOP30

 ランキング(アンケート投票数順) 
●総投票数:3976票
1
ロイヤル コペンハーゲン

画像出典:公式サイト
 
価格帯:2,500円~380,000円
創業国:デンマーク
デンマークが誇る芸術品であり、「世界一豪華なディナーセット」ともいわれた『フローラ』。そして『ブルーフルーテッド』に代表される水彩画のような青い絵付の数々。
ロイヤルコペンハーゲンには、手描きへのこだわりが生んだ、息の長い名作が揃っています。

ロイヤル コペンハーゲンの人気シリーズ&柄♪

ロイヤルコペンハーゲン-フローラ
 
■フローラ
「デンマークの花」と題された植物図鑑の原画を1点1点再現した贅沢なウェア。1790年にロシア女帝エカテリーナ2世への贈り物として製作され始めたことで名高い名作。
精巧な技法は現在も熟練した職人に受け継がれている。
【プレート:7,000円】


ロイヤルコペンハーゲン-ブルーフルーテッド-フルレース
 
■ブルーフルーテッド フルレース
唐草をモチーフにした代表作「ブルーフルーテッド」に豪華なレースの縁取りを施したウェア。同柄のハーフレースも含め、人気の高い定番となっています。
【プレート:40,000円】


ロイヤルコペンハーゲン-ホワイト-ハーフレース
 
■ホワイト ハーフレース
「ブルーフルーテッド ハーフレース」の素地をそのまま生かしたシリーズ。このブランドの代表的なシェイプで1888年から製作されているもの。
和洋中の広範囲に使える上品な白として人気が高く、ギフト定番の1つとなっています。
【プレート:18,000円】


ロイヤルコペンハーゲン-ゴールデンサマー
 

■ゴールデンサマー
1900年代初頭に発表された可愛らしいデザイン。大胆な色彩と素朴なタッチの花と果実の柄が、北欧の短く、美しい夏を思わせる。カジュアルに使いたいシリーズです。
【マグカップ:3,000円 / カップ&ソーサー:3,500円】


公式サイト:https://www.royalcopenhagen.jp/

400票(10%)



2
ウェッジウッド(Wedgwood)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,000円~25,000円
創業国:イギリス
ファインボーンチャイナの代名詞ともいえるウェッジウッド。艶やかで透けるような白は、多種多様な絵柄のすべてを美しく際立たせます。
イギリス陶磁器の歴史を中心的に担ってきたブランドだけあって、その幅広いコレクションには、常に目の離せない魅力があります。

ウェッジウッドの人気シリーズ&柄♪

ウェッジウッド-フロレンティーン-ターコイズ
 
■フロレンティーン ターコイズ
ネオクラシック様式が流行した1860年代に発表された、有名なロングセラー。ルネッサンスを思わせるトルコブルーと白地のコントラストがとても綺麗です。
【プレート20cm:13,000円】


ウェッジウッド-ジャスパー
 
■ジャスパー
ファインボーンチャイナよりも前に開発された「ジャスパーウエア」と呼ばれるストーンウエアの1シリーズ。優美な色調と格式高いレリーフが特徴で、今も根強く愛されている定番です。
【プレート:12,000円】


ウェッジウッド-ローズゴールド
 
■ローズゴールド
バラやクレマチスなど彩り豊かな花々と、金彩が華やかな、ブリティッシュエレガンス漂うパターンです。
【ティーカップ&ソーサー:12,000円】


公式サイト:https://www.wedgwood.jp/

389票(10%)



3
ノリタケ

画像出典:公式サイト
 
価格帯:600円~40,000円
創業国:日本
手が届く安いシリーズ~エレガントな高級シリーズまで種類も豊富な『ノリタケ』。
ノリタケ・チャイナで世界中で長く親しまれている名ブランドで、絵柄デザインだけでなく、素材的にもかなりの種類を製作しており、ボーンチャイナやポーセリンのほか独自で開発した磁器も高く評価されています。

ノリタケの人気シリーズ&柄♪

ノリタケ-あやみなも
 
■あやみなも
ノリタケの伝統的テイストを受け継ぐこのシリーズ。春のみなもに舞う桜、日本人が愛してやまない美しい情景をかたちにしたもの。
季節を食する日本人の食卓、ノリタケが提案する新しい日本の器です。
【27cmプレート:12,000円】


ノリタケ-水紋
 
■水紋
テーブルの上にも大人の遊び心を。スタイリッシュでありながらぬくもりを感じさせるフォルム。波紋をイメージしたレリーフは時の流れを表現しています。
【28cmプレート:3,000円】


ノリタケ-ブルーソレンティーノ
 
■ブルーソレンティーノ
厚手のコットンクロスが似合いそうな素朴で安らぐシリーズ。飽きのこないブルーデザインは、年齢問わず愛されギフトなどにも重宝されています。
【ティー碗皿ペア:5,000円】


ノリタケ-カーニバル
 
■カーニバル
パステルカラーとホワイトのストライプが楽しげなデザイン。ゴールドの縁取りがストライプ柄を上品に引き立てます。
ティータイムを楽しく彩るポップな6色展開。ご自宅用はもちろん、ギフトにも大変人気があります。
【21cmプレート:800円 / マグ:1,400円】


公式通販サイト:http://tableware.noritake.co.jp/

364票(9%)



4
マイセン(Meissen)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,800円~270,000円
創業国:ドイツ
手書きの高級磁器の代名詞といえばマイセン。ヨーロッパ初の磁器を生み出したブランドであり、いま最も誇り高き職人であるマイスターたちによって、芸術の域に達する傑作が製作されています。
古典的作品のほか、モダンな感覚の現代マイセンも高い評価を得ています。

★マイセンの人気シリーズ&柄♪

マイセン-ブルー・オニオン
 
■ブルー・オニオン
あまりにも有名なこの柄は、中国の染め付けの技法を生かし、250年以上も前に発表されたもの。
マイセンを代表するテーブルウェアとして世界中で人気の絶えることのない名品。
【ティー カップ&ソーサー:28,000円 / プレート:30,000円】


マイセン-インドの華
画像出典:http://www.le-noble.com/
 
■インドの華
東洋的な図柄を多くもつことで知られるマイセン。手書きの繊細な花柄にもオリエンタルへの強い憧れと、独特の解釈がうかがえます。
【ティー カップ&ソーサー:120,000円】


マイセン-波の戯れ-ホワイト
 
■波の戯れ ホワイト
マイセンの中では手頃な価格も魅力の「波の戯れ」は、さざ波のようなレリーフがモダンなデザイン。
無垢なホワイトカラーも相まり、どんなシーンにも食卓にも合わせやすいです。
【ティー カップ&ソーサー:10,000円 / プレート:9,000円】


公式サイト:http://www.meissen-jp.com/

351票(9%)



5
リチャード・ジノリ(Richard Ginori)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:2,700円~38,000円
創業国:イタリア
イタリア・フィレンツェ生まれの伝統窯、リチャード・ジリは、今や日本で知らない人はいないほどの人気ブランド。
豊富な絵柄のバリエーションはイタリアらしい高い美意識が息づき、それでいてどのシリーズも、気取らないテーブルセッティングを叶えてくれます。

リチャード・ジノリの人気シリーズ&柄♪

リチャード・ジノリ-イタリアン-フルーツ
画像出典:http://www.le-noble.com/
 
■イタリアン フルーツ
リチャード ジノリといえばこの柄といえるほど、世界中で愛されている有名柄。香ばしい花々と果実は、ポッティチェリの名画「春」を連想させます。
【プレート21cm:11,000円】


リチャード・ジノリ-アマデウス
画像出典:http://item.rakuten.co.jp/
 
■アマデウス
1997年に登場したこの新シリーズは、格調の高さと使いやすさとが同居した、シンプルなストライプ柄。シックな紺色「ブルー」と、淡いグリーン「ジャーダ」の2色があります。
【コーヒーカップ&ソーサー:14,000円】


リチャード・ジノリ-インペロカメリア
  
■インペロカメリア
カメリアピンクが印象的なこのシリーズは、開窯260周年にあたる1995年に発表。「気取らない優雅さ」という、カメリアの花言葉がそのまま表現された、さりげなく気品が漂うテーブルウェア。
淡いピンク色もあって、とくに女性から高い人気があります。
【ティーカップ&ソーサー:各8,000円】


リチャード・ジノリ-ベッキオホワイト
画像出典:http://www.le-noble.com/

■ベッキオホワイト
ジノリ最古のシリーズにして有名なロングセラー。変化に富んだ造形美が魅力です。
【プレート24cm:4,500円】


公式サイト:http://richardginori.co.jp/

170票(4%)



6
ナルミ(Narumi)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:1,700円~58,000円
創業国:日本
王冠のシンボルマークで知られるナルミは、日本を代表するボーンチャイナの老舗です。
普段使いに向くシリーズのほか、「クロン・ド・ミューズ」という、贅を極めた限定生産の一連もあり、幅広いバリエーションを誇る人気ブランド。結婚祝いや引き出物など、さまざまなシーンで選ばれています。

ナルミの人気シリーズ&柄♪

ナルミ-ミラノ
 
■ミラノ
ナルミを代表する有名なパターンで、1972年の発表以来のロングセラー。オープンストックではかなりのアイテムバリエーションが揃う。
【ティーカップ:3,300円 / おもてなし皿:4,500円】


ナルミ-ミスティカ
 
■ミスティカ
高度な技術の結晶である「クロン・ド・ミューズ」の1パターン。繊細で豪華な作りに、正統派の風格が漂います。
【ティーカップ&ソーサー:50,000円】


ナルミ-スタイルズ
 
■スタイルズ
無駄なものをそぎ落とし、シンプルイズベストに徹したシリーズ。和洋中を問わずさまざまなシーンで使えるのが魅力です。
【コーヒーカップ&ソーサー:2,100円 / ボウル:2,900円】


公式サイト:http://www.narumi.co.jp/

166票(4%)



7
ロイヤルクラウンダービー

画像出典:公式サイト
 
価格帯:13,000円~145,000円
創業国:イギリス
日本の古伊万里の様式を取り入れた、壮麗なデザインで有名なロイヤルクラウンダービーは、ファインボーンチャイナの至宝ともいえるブランドです。
ブランド名が示すとおりイギリス王室からの評価もたかく、豪華な名作をいくつも生んでいます。

ロイヤルクラウンダービーの人気シリーズ&柄♪

ロイヤルクラウンダービー-ロイヤルアントワネット
 
■ロイヤルアントワネット
マリーアントワネット妃にちなんだ名前が示すとおり、18世紀のフランス王侯貴族が作り出した豪華絢爛な美の世界を現代風に表現したもの。
テーブルに華やぎとゴージャス感をもたらします。
【ティーカップ&ソーサー:30,000円 / プレート:30,000円】


ロイヤルクラウンダービー-グレンビル
 
■グレンビル
上品で落ち着きのあるブルーに、ゴールドラインがリッチな印象を与えるシリーズ。どんなシーンにも、食卓にも合う、シンプルなデザインが人気の理由です。
【ティーカップ&ソーサー:25,000円 / プレート:25,000円】


ロイヤルクラウンダービー-ハニーサックル
 
■ハニーサックル
日本名で「スイカズラ」という花をモチーフにした個性的な柄。ゴールドと赤の配色がオリエンタルな雰囲気を漂わせます。
【ティーカップ&ソーサー:15,000円】


公式サイト:http://www.royalcrownderby.jp/

163票(4%)



8
レイノー(RAYNAUD)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:8,000円~48,000円
創業国:フランス
輝くばかりの白い地肌に描く繊細な小花柄や、あでやかな色彩模様。豊富な絵柄バリエーションを誇るレノイーは、1849年の誕生以来、陶磁器の古都リモージュで伝統を守り続ける名窯です。
有名なロングセラーも数多く、各国の一流レストランなどで愛用されています。

レイノーの人気シリーズ&柄♪

レイノー-ラファイエット
 
■ラファイエット
白地に青と赤の小花を描いたこのシリーズはフランス革命当時、国の象徴である三色旗をデザインした『ラファイエット伯爵』にちなんで名づけられた由緒正しきものです。
【プレート:16,000円 / ティーカップ:18,000円】


レノイー-モーニング・グローリー
画像出典:http://item.rakuten.co.jp/
 
■モーニング・グローリー
「アサガオ」の英語名で古くから親しまれている絵柄。陶磁器に使われることが非常に珍しいというイエローを配して爽やかな朝を表現しています。
【カップ&ソーサー:18,200円】


レイノー-シ・キオン
画像出典:http://item.rakuten.co.jp/
 
■シ・キオン
ティファニーのテーブル・セッティングの本にも登場したファンの多い名品。18世紀の絵師による緻密な絵が特徴です。
【ティーカップ&ソーサー:22,000円】

157票(4%)



9
エルメス(Hermes)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,000円~29,000円
創業国:フランス
「食卓の歓び(Plasir de la ta-ble)」をテーマに、テーブルウェアでも質の高い美の世界を表現しているエルメス。
スカーフの柄やアクセサリーのモチーフなど、独特の遊び心が見え隠れする、食器のラインナップは特に女性に人気です。

エルメスの人気シリーズ&柄♪

エルメス-シェーヌ・ダンクル
 
■シェーヌ・ダンクル
1997年春に発表の柄。アクセサリーでおなじみの鎖をシンプルにデザインしたものでプラチナとブルーの2色があります。
【モーニングカップ&ソーサー:10,000円】


エルメス-パッチワーク
 
■パッチワーク
エルメススカーフ独特の華やかさをそのまま表現した人気シリーズ。
【カップ&ソーサー:17,500円】


エルメス-トゥカン
 
■トゥカン
エルメスの独創性を感じさせる色鮮やかな鳥の絵柄。サイズや形によって絵が違うので、テーブルで数点を組み合わせ、躍動感のある演出ができる定番シリーズです。
【カップ&ソーサー:17,000円】


公式サイト:http://www.maisonhermes.jp/

152票(4%)



10
ビレロイ&ボッホ(Villeroy & Boch)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:2,500円~15,000円
創業国:ドイツ
「日常の暮らしを楽しむこと」をテーマに、18世紀の昔から実用性の高い陶磁器を作り続けているビレロイ&ボッホ。
身近な題材を使った絵柄、温かみを感じる質感、そして現在は電子レンジに対応する耐久性を備え、幅広い層に支持されています。

ビレロイ&ボッホの人気シリーズ&柄♪

ビレロイ&ボッホ-バスケット
 
■バスケット
古くから親しまれているベストセラー。フルーツの甘い香りが届きそうな温かみのあるパターンが印象的。
【ティーカップ&ソーサー:4,000円】


ビレロイ&ボッホ-プロバンス
 
■プロバンス
大地の恵みを豊かな南仏のプロバンスをイメージしたこのシリーズ。皿には緑の部分が青い編み模様の「カシス」と、白地に果実を散りばめた「ミラマール」のふた柄があります。
【ティー・コーヒー兼用カップ&ソーサー:各3,500円】


ビレロイ&ボッホ-エデン
 
■エデン
やわらかなトーンの色調に、精密な植物画が映えるこのシリーズは、伝説の「楽園」を表現したもの。
【27cmディナー皿:4,000円】


公式サイト:http://www.villeroy-boch.co.jp/

149票(4%)



11
ティファニー(TIFFANY)

画像出典:公式サイト
 
創業国:アメリカ
価格帯:4,000円~8,000円
女性なら誰もが憧れる高級ジュエリーブランドであり、マグカップやお皿などのテーブルウェアにも定評のあるティファニー。
高そうなイメージとは裏腹に意外とテーブルウェアは1万円以下とリーズナブル。洗練されたデザインも相まってギフトなどにもよく選ばれています。

ティファニーの人気シリーズ&柄♪

ティファニープレート
 
■プラチナブルー
ティファニーの代表色「ティファニーブルー」とプラチナカラーのラインが、永遠の絆と幸せを呼び込むボーンチャイナ(磁器)のプレート。2枚入りで5千円と手頃なお値段も魅力です。
【デザートプレート:4,500円(2枚入り)】


ティファニーグラス
 
■タンブラー
ワイン、お酒、ジュースなどなど、どんな飲み物にもインテリアにもマッチする、シルクプリントでロゴを描いたタンブラー。
【タンブラー:3,700円(2個入り)】


ティファニーリーフ
 
■リーフ
可憐なサンザシの花と、鮮やかな木の葉をモチーフにしたシリーズ。爽やかな日常を誘うデザインは、万人受けすることからギフトでも大人気です。
【マグカップ:4,400円(2個入り)】


公式サイト:http://www.tiffany.co.jp/

144票(4%)



12
アフタヌーンティー

画像出典:公式サイト
 
価格:300円~6,000円
創業国:日本
ちょっとしたプレゼントにも◎な、安くておしゃれ可愛いマグカップやプレートがたくさん揃っている『アフタヌーンティー』は、1981年創業時より、“お茶とともに過ごす豊かな時間”の提案をしてきたライフスタイルブランド。
ちょっと良い物を…そんな時に最適なブランドです。

アフタヌーンティーの人気シリーズ&柄♪

アフタヌーンティー1
 
■鳥型小皿
子供も喜ぶカワイイ鳥型のお皿。電子レンジとディッシュウォッシャー対応なのも嬉しいポイント。

【小皿L:550円】


アフタヌーンティー2
 
■ハート型ボウル(アリス)
キュートなハート型に、”ふしぎの国のアリス”がデザインされた特別なディズニーセレクション。ご家族やカップルがいるお家で気軽に使えます。パーティーなどにも映えそう!
【ハート型ボウル:1,200円】


アフタヌーンティー3
 
■猫マグカップ
ネコ好きの方にも大好評な、愛らしいネコちゃんフェイスのマグカップ。ティータイムと食卓に、ユニークな遊び心をプラスします。
【マグカップ:2,000円】


公式サイト:http://www.afternoon-tea.net/

130票(3%)



13
アラビア(Arabia)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:3,500円~18,000円
創業国:フィンランド
「おしゃれなマグカップ」も大人気のアラビアは、雄大な自然を大胆にデフォルメした絵柄で知られる、フィンランドに創設された北欧最大のブランド。
1年の大半を雪で閉ざされる北欧では、昔から室内で生活を楽しむことが重視されてきました。ユニークで心温まる食器はそんな背景から生まれています。

アラビアの人気シリーズ&柄♪

アラビア-バレンシア
 
■バレンシア
藍1色のシンプルな迫力が特徴の「バレンシア」は常に人気のシリーズ。力強い絵柄に”NDシェイプ”と呼ばれる実用的で気取らない形がマッチする。
【コーヒーカップ&ソーサー:7,000円】


アラビア-パラティッシ
 
■パラティッシ
のびのびと描かれた果物の絵柄が何ともいえず陽気でユニーク。特にブルートイエローのコントラストが鮮烈で、存在感の強いシリーズです。
【マグカップ:3,300円】


アラビア-アネモネ
 
■アネモネ
バレンシアと同じデザイナーによるシリーズ。墨絵を思わせる、太い線で描かれたアネモネがとても印象的。大勢で囲む普段着の食卓に似合うことから、日常向けの食器ギフトとして人気を博しています。
【コーヒーカップ&ソーサー:8,000円】

125票(3%)



14
ロイヤル ウースター(Royal Worcester)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:3,000円~25,000円
創業国:イギリス
今も続くイギリスの陶磁器メーカーの中で最も古いのがロイヤルウースターです。
創業当初から今日まで、すべてのイギリス王室のテーブルを飾ってきたブランドで、ゆったりとしたシェイプや自然を題材にした柄など、この国の伝統を感じさせるデザインが豊富です。

ロイヤル ウースターの人気シリーズ&柄♪

ロイヤルウースター-イヴシャム-ゴールド
 
■イヴシャム ゴールド
イギリスの有名な果物栽培地、イヴジャム渓谷から名づけられたシリーズ。豊かで落ち着きのある色彩が美しい。同じ柄で縁取りがグリーンの<イヴジャム ベール>もあり、そちらは電子レンジで使用が可能。
【プレート:3,000円】


ロイヤルウースター-フォーゲット・ミー・ノット
 
■フォーゲット・ミー・ノット
パステルトーンで描かれた可憐な花はワスレナグサ。シリーズ名はその英語訳です。
ブランド創業の地にちなんだ「ウォームストリー シェイプ」と呼ばれる縦ラインが、ボーンチャイナ独特の輝きを繊細に照らし出し、ティータイムをやさしく演出します。
【シュガーボックス:12,000円】


ロイヤルウースター-ロイヤル-ウースター
 
■サンドリンガム
多彩な色づかいと22金のトリミングが特徴。華やかな印象でもモチーフはどれも野に咲く素朴な花なので、気取りのない席に向きます。
【プレート20cm:7,500円】

120票(3%)



15
大倉陶園

画像出典:公式サイト
 
価格帯:5,000円~150,000円
創業国:日本
陶磁器のコレクターの間で名高い大倉陶園。良質の素材と卓越した技術から生まれる作品は、豊かな独創性が魅力です。
ギフト向けに用途に合わせてアイテムが構成されたセット商品も多く、お祝いごとに重宝されているブランドです。

大倉陶園の人気シリーズ&柄♪

大倉陶園-ブルーローズ
 
■ブルーローズ
誕生から80年を経て、今もなお愛され続けている絵柄。
大倉陶園独自の技法であり、本焼成した白生地にコバルト絵具で絵付けをし、再度1460度の高温で焼成します。その間、コバルト絵具が釉薬と柔らかく溶け込み、深みと優しさを加えながら美しい文様を作り上げます。
【マグカップ:7,500円 / 23cmフィッシュ皿:9,000円】


公式サイト:http://www.okuratouen.co.jp/

114票(3%)



16
ヘレンド(Herend)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:5,000円~100,000円
創業国:ハンガリー
明るい色彩の花柄や果物柄、複雑な細密画、そしてユニークなシノワズリなど、多彩な美の表現が魅力のヘレンド。
そのパターンはすべて手描きで製作されています。今もマスターペインターと呼ばれる職人の資格制度を有し、精緻な技術を守り続けれるブランドです。

ヘレンドの人気シリーズ&柄♪

ヘレンド-インドの華
 
■インドの華
ヘレンドを代表するベストセラーといえばこの柄。1840年代の発表で、日本の影響を受けたか数少ない柄のひとつ。
ちなみに「インド」とは東インド会社を指しています。
【ティーカップ&ソーサー:44,000円 / パン皿:27,000円】


ヘレンド-ウィーンのバラ
 
■ウィーンのバラ
「インドの華」と並ぶ人気シリーズ。もとは代々バラのモチーフのディナーセットを愛用していたという、ハブスブルク家だけの御用達パターンだったそう。
【ティーカップ&ソーサー:20,000円 / パン皿:13,000円】


ヘレンド-バロックホワイト
 
■バロックホワイト
白磁の凛々しさとそこから来る透明感を引き出すため、一切の絵付けをせず、美しく立体的な浮き彫りで表現。ヘレンドの中では手が届きやすい価格も魅力です。
【カップ&ソーサー:7,500円 / オーバルトレー:10,000円】


公式サイト:http://www.herend.co.jp/

111票(3%)



17
ロイヤルアルバート(Royal Albert)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:1,500円~10,000円
創業国:イギリス
優雅なシェイプ、古典的なフローラル・パターン、豪華な金彩などを特徴とし、「最も英国的なテーブルウェア」として名高いロイヤルアルバート。
他の伝統窯と同じく王室との関わりも深く、誕生以来数々の栄誉を与えられてきた老舗ブランドです。

ロイヤルアルバートの人気シリーズ&柄♪

ロイヤルアルバート-レディー-カーライル
 
■レディー カーライル
まさにイギリス式フォーマルの伝統を感じさせるデザイン。花柄パターンをおしゃれにロマンチックに表現した、女性に人気が高いパターンです。
【ティーカップ&ソーサー:4,200円】


ロイヤルアルバート-ベアトリス
 
■ベアトリス
美しさの中にやさしさの漂うシリーズ。「モントローズシェイプ」と呼ばれる優雅な曲線と、水彩画のような色彩で描かれた花柄が独特な調和を見せます。
【ティーカップ&ソーサー:3,000円】


ロイヤルアルバート-ポルカ
 
■ポルカ
1930年代のレトロモダンから着想を得てデザインされたポルカ。品のあるグリーンと淡いブルーが印象的で、ディナータイムやティータイムを華やかなものにしてくれます。
【マグ:1,500円 / プレート:2,700円】


公式サイト:http://www.royalalbert.jp/

100票(3%)



18
エインズレイ(Aynsley)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,000円~54,000円
創業国:イギリス
イギリス、スタンフォードシャーの地に生まれたエインズレイは、やはり200年以上の歴史をもつファインボーンチャイナの雄です。
白い地肌と鮮やかなコントラストを生む色使いが特徴的で、最も多くの皇族や貴族から愛され続けています。

エインズレイの人気シリーズ&柄♪

エインズレイ-エリザベスローズ-ピンク
 
■エリザベスローズ ピンク
エリザベス女王が愛したイングランドの国花「ローズ」を可憐にデザインした人気シリーズ。
ふんわりとフェミニンでありながらも気品があり、特に女性を中心に喜ばれています。
【カップ&ソーサー:10,000円】


エインズレイ-イングリッシュローズ
 
■イングリッシュローズ
”美しい貴婦人”を意味するイングリッシュローズは、1969年の発表以来、世界中のバラ愛妻家をとりこにしてきたシリーズ。
ティータイムを優雅なひとときなものにしてくれます。
【カップ&ソーサー:10,000円】


エインズレイ-エンプレスローレル
画像出典:http://www.le-noble.com/
 
■エンプレスローレル
豪華にして熟練の技が感じられる逸品。正統派ボーダー柄に、ふんだんにあしらわれたゴールドが映えます。
【カップ&ソーサー:54,000円】


公式サイト:http://www.aynsley.co.jp/

92票(2%)



19
アビランド(Haviland)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:6,800円~26,000円
創業国:フランス
フランス・リモージュの陶磁器に心を奪われた、貿易商によって創設されたというアビランドも、フランスを代表するブランドのひとつです。他の名窯と同様、手技を駆使した繊細な絵柄は、19世紀の創業時から、審美眼の高い世界中の人々に愛され続けています。

アビランドの人気シリーズ&柄♪

アビランド-アンペラトリス-ユジェニー
 
■アンペラトリス ユジェニー
ナポレオン3世の皇后ユジェニーのために1901年に制作されたもの。彼女が愛したスミレの花を、当時流行したアールヌーボー調に表現した逸品。

【ティーカップ&ソーサー:18,900円】


アビランド-シャブリ
画像出典:http://einsshop.cart.fc2.com/
 
■シャブリ
ブルゴーニュの上質ワイン、シャブリの辛口を思わせる爽やかな柄。繊細なモザイク模様で描かれています。
【22cmプレートュ:9,720円】


アビランド-ジャルダン-エデン
画像出典:http://einsshop.cart.fc2.com/
 
■ジャルダン エデン
その名前のとおり「エデンの園」を思わせるおだやかで優しい色使いが魅力です。
【ティーカップ&ソーサー:17.500円】

90票(2%)



20
ミントン(Minton)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:2,500円~15,000円
創業地:イギリス
「テーブルの貴婦人」の名を誇るミントン。豊富な花柄のバリエーションは特に有名で、日本でも多くの人気パターンを有しています。
また一方では純金を駆使したさまざまな装飾技法の秀逸さでもよく知られており、世界の王侯貴族たちを魅了してきた歴史をもちます。

ミントンの人気シリーズ&柄♪

ミントン-ハドンホール
画像出典:http://www.le-noble.com/
 
■ハドンホール
1948年に発表されたハドンホールはミントンの看板柄ともいえるベストセラー。そのカラーバリエーションの「ハドンホール ブルー」も1993年の発表以来、世界中で人気を二分しています。
【ティーカップ&ソーサー:6,480円】


ミントン-スプリング-ブロッサム
 
■スプリング ブロッサム
季節感を重んじる日本人のために製作された四季のシリーズの中で、特に人気が高いのがこの春の柄。食卓に春の息吹を伝える新鮮な色合いが魅力。
【プレート27cm:4,500円】


ミントン-スプリングバレー
 
■スプリングバレー
イギリス人の自然を愛する気持ちがうかがえる、春の谷間をイメージしたやさしい花柄。食卓に華やぎを添えます。
【ティーカップ&ソーサー:4,500円】

78票(2%)



21
ジアン(Gien)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:3,800円~25,000円
創業国:フランス
四季折々の自然の恵みを豊かな色彩で表現するジアンは、1821年に生まれた老舗食器ブランド。
カジュアルな食卓に向く、温かみのある陶器が多く、特に「ジアン・ブルー」と呼ばれる鮮やかな藍色が有名です。日本で人気の絵柄も多い、親しみやすいブランドです。

ジアンの人気シリーズ&柄♪

ジアン-アリス
 
■アリス
スノードロップ(雪割草)とムスカリ、そしてパンジーが春の訪れを告げる様子をシンプルに描いた1997年発表の作品。
パリの南、ジアン地方に特有の題材を使った季節表現は、このブランドの昔からのテーマです。
【ティーカップ&ソーサー:9,000円】


ジアン-オワゾ・ブルー
 
■オワゾ・ブルー
「ジアン・ブルー」を使った代表作。名は「青い鳥」の意味で、人気の高いシリーズ。青い地の模様以外の絵付けのないタイプもあります。
【カナッペプレート4枚セット:16,000円】


ジアン-マリアージュ
 
■マリアージュ
昔のものを復刻した微笑ましい絵柄。男性からの愛の告白、結婚式、そして結婚式後のパレードまでを1枚ずつに描いた6枚セットの皿は結婚祝いに最適。
【デザートプレート6枚セット:25,000円】


公式サイト:http://www.gienfrance.jp/

71票(2%)



21
ロイヤルドルトン(Royal Doulton)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,000円~25,000円
創業地:イギリス
格式高いデザインで知られるロイヤルドルトンも、イギリス陶磁器の本流を行くブランドです。
ファインボーンチャイナならではの白地を生かしたシンプルなパターンが多く、歴代の王室のほか世界中で高い支持を得ています。

ロイヤルドルトンの人気シリーズ&柄♪

ロイヤルドルトン-センテニアル-ローズ
 
■センテニアル ローズ
名前にセンテニアル(100年祭)を冠するこの柄は、陶磁器界の英雄といわれた「サー・ヘンリー・ドルトン」の没後100周年にあたる、1997年に発表。
あでやかなバラのブーケがビクトリア時代の栄華を思わせます。
【20cmプレート:4,000円】


ロイヤルドルトン-アクスミンスター
 
■アクスミンスター
柄名は最高級の織物で知られる都市の名前に由来したもの。深みのある赤のボーダー柄はどこかエキゾチックで和の食卓にも向きます。
【ティーカップ&ソーサー:各10,000円】


ロイヤルドルトン-カーライルブルー
 
■カーライルブルー
こちらも「サー・ヘンリー・ドルトン」没後100周年の記念発表作で代表的シリーズ。カーライルのカラーバリエーションで、清涼感漂うアクアブルーが新鮮。
【ティーカップ&ソーサー:10,000円】

71票(2%)



23
ベルナルド(Bernardaud)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:5,000円~15,000円
創業国:フランス
可憐な花々を数多く持つベルナルドは、フランスのリモージュで最大の規模を誇るブランドです。フランス流のエレガンスを感じさせる気品あるパターンが多く、その技術の高さはナポレオン3世の王室御用達に始まり、華麗な歴史に裏付けられています。

ベルナルドの人気シリーズ&柄♪

ベルナルド-ボーケーズ
出典:http:/shopping.yahoo.co.jp/
 
■ボーケーズ
自然の草花と果実をアレンジした人気シリーズは、フィレンツェの伝統工芸である象嵌(ぞうがん)細工を模してデザインされたもの。
【カップ&ソーサー:8,300円】


公式サイト:http://www.bernardaud.jp/

54票(1%)



24
フッチェンロイター(HUTSCHENREUTHER)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,000円~15,000円
創業国:ドイツ
ライオンのトレードマークで有名なフッチェンロイターは、19世紀から続くバイエルンの老舗です。
重厚な伝統とハイクオリティ、そしてデザインの革新性を重んじるドイツらしいブランドで、ロングセラーのほか、時代性を感じさせるモダンな柄にも定評があります。

フッチェンロイターの人気シリーズ&柄♪

フッチェンロイター-ミラベル
 
■ミラベル
フランス語でスモモの一種を指す「ミラベル」は、夏に咲く可憐な花々をモチーフにしています。
年代を問わず、誰からも好かれる愛らしさをもつため、結婚祝いや内祝いなどギフトでも大変重宝されています。
【ティー&コーヒー兼用カップ&ソーサ:7,000円】


フッチェンロイター-メドレー
 
■メドレー
トラディショナルなシェイプに地中海のブルーと太陽の色をのせた、オシャレな南欧風のウェア。
メドレーという名前は、数種類の楽器が響きあって楽しい音楽になるように、どれを組み合わせても調和がとれることからきています。
【プレート:各8,000円】

52票(1%)



25
フィリップ デズリエ

画像出典:公式サイト
 
価格帯:5,000円~18,000円
創業国:フランス
フランス・リモージュの伝統技術と現代感覚を融和させた、独創的な表現に定評のあるフィリップ デズリエ。
ファッション、インテリアなど他分野のデザイナーとの提携による作品は、食器の世界に新しい流れを作り出しています。

フィリップ デズリエの人気シリーズ&柄♪

フィリップ-ブラン
画像出典:http://www.le-noble.com/
 
■ブラン
果物や葉をレリーフ模様で描いた「ブラン(California)」。輝く太陽の下でたわわに実った果物を収穫する際の喜びに満ちたデザインです。
【プレート:5,000円】

46票(1%)



26
スポード(Spode)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:2,500円~18,000円
創業地:イギリス
スポード社はやはりイギリスらしい正統派の老舗ブランドです。18世紀の創業以来、改良を重ねてきた美しいボーンチャイナ、そして野の花など素朴な絵柄。名工たちの生み出す独自の伝統スタイルは時代を超えて支持されています。

スポードの人気シリーズ&柄♪

spodeブルーイタリアン
画像出典:http://noble.artesania.jp/
 
■ブルーイタリアン
1816年発表の有名なロングセラー。スポードが開発した銅版転写の技法を駆使したもので、美しい風景画の原画はオランダ人画家「フレデリック・デ・モウロヘン」によるもの。
【ティーカップ&ソーサー:6,800円】

35票(1%)



27
ロールストランド(Rorstrand)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:3,000円~8,000円
創業国:スウェーデン
価格が手ごろで誰からも愛されるデザインで人気を博す「ロールストランド」は、18世紀から続くスウェーデンの伝統的なブランド。
北欧らしい、素朴で生活感の漂う食器が多く、中でも花柄などの可愛いパターンは、近年日本でも注目されています。

ロールストランドの人気シリーズ&柄♪

ロールストランド-サンドボーン
 
■サンドボーン
赤くて可憐な小花と青の曲線のシンプルなデザイン。とくに女性に人気のあるやさしいシリーズ。
【ティーカップ&ソーサー:5,000円】


ロールストランド-オスティンディア
 
■オスティンディア
1930年から作られ続けているパターン。清楚な印象と普段使いに向くシンプルさが時代を超えて愛される理由。
【コーヒーカップ&ソーサー:4,500円】

34票(1%)



28
ロイヤルデルフト(Royal Delft)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:20,000円~80,000円
創業国:オランダ
ロイヤルデルフトは、17世紀にオランダで生まれた「デルフト焼」という陶器を、いまも伝統的に製作し続けている名窯です。「デルフト・ブルー」と呼ばれる青の色合いが特徴で、オランダを代表する工芸品としても有名です。

ロイヤルデルフトの人気シリーズ&柄♪

ロイヤルデルフト-デルフト・ブルー
 
■デルフト・ブルー
ヨーロッパの他のブルー絵付けとはまた違った、素朴な味わいももつシリーズ。線づかいやぼかし方も独特でどこか懐かしさを感じさせます。
クリームがかった地色とブルーがやさしい調和を見せるデザイン。
【ティーカップ&ソーサー:20,000円】

20票(1%)



29
ローゼンタール(Rosenthal)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:4,500円~20,000円
創業国:ドイツ
バイエルンの名窯ローゼンタール。古きヨーロッパの伝統が薫る「ローゼンタール・クラシック」と、現代の著名デザイナーによる斬新な「スタジオライン」とで構成されるコレクションは、常に新鮮な注目を集めています。

ローゼンタールの人気シリーズ&柄♪

ローゼンタール-ベルグラヴィア
 
■ベルグラヴィア
英国の室内装飾デザイナーとして有名なニナ・キャンベルによるデザイン。各々の柄にロンドン郊外の街の名前が付けられている定番シリーズです。
【プレート:5,000円】


公式サイト:http://www.rosenthaljapan.com/

18票(0%)



30
カールスバード(Carlsbad)

画像出典:公式サイト
 
価格帯:5,000円~15,000円
創業国:チェコ
チェコ共和国、カルロヴィ・ヴァリ地域に位置する陶磁器ブランド。美しいコバルトブルーで描かれる「ブルー・オニオン(青いタマネギ)」のパターンを伝統的に製作しており、多くの愛陶家たちに親しまれています。

カールスバードの人気シリーズ&柄♪

カールスバード-ブルー・オニオン
画像出典:http://www.sohbi-company.jp/
 
■ブルー・オニオン
このパターンはもともと16世紀の中国でよく作られていたザクロの模様を模したもので、マイセンやフィッツェンロイターでも古くから製作されています。
カールスバードでは常時400種類に及ぶ多彩なアイテムが生産されています。
【ティーカップ&ソーサー ペアセット:12,000円 / ティーポット:12,000円】

10票(0%)



Loading ... Loading ...

↓こちらもオススメ♪

『センスのいいお皿・ボウル・マグカップが色々♪』おしゃれなテーブルウェアを叶える食器ブランド12選。

記事の続きを読む »

③食器を長持ちさせる洗い方と上手な収納方法

収納するときは同じサイズの皿を重ね、紙ナプキンなどをクッションに

食器洗い方

 

陶磁器を使ったら、油汚れなどをペーパータオルで拭き取り、ぬるま湯で流しておきます。その後、食器用の洗剤を溶かしたぬるま湯につけ、割れやすいものから順にスポンジで洗います。

 

細かいレリーフなどの汚れや渋茶は、無理にこすらずに酸素系の漂白剤につけて落とします。ただし、金彩や銀彩を施したものは変色することもあるので、購入時に洗い方の確認をしておくとよいでしょう。食器洗い機を使うときも同様です。

 

収納するときはやわらかい布や紙ナプキンを間に敷き、同じサイズの皿を重ねます。ティーカップなどは、スペースがあれば重ねず、1客ずつ並べるほうが安心です。

④食器を購入するときのポイント

長く使う食器は、信頼できるブランドと店を選ぶ

食器購入方法

 

気に入った食器は、大切に長く使っていきたいもの。購入するときは、長期間作られている商品か、買い足したときに単品でも購入できるのか、金彩が剥げたときや銀器の修理などのアフターケアがあるなどのを、必ずチェックしましょう。

 

大切なのは、信頼できるメーカーや購入店を選ぶこと。その点。洋食器の一流ブランドと呼ばれるメーカーなら何十年も作り続けられている定番商品が多くありますし、カップ&ソーサー1客単位から買えるオープンストック方式をとっているケースがほとんどなので、商品を安心して買い足していくことができます。


もっとブランドを見る

女性 プレゼントブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


ページ上部に