大人デニムジャケット

 

スタイルを格上げする「名品Gジャン」も紹介♪

羽織り物としてもインナーとしても活躍してくれる、万能カジュアルアウター「Gジャン(デニムジャケット)」。

 

今では色んなブランドから発売されているけれど、ペラペラゴワゴワした、いかにも安っぽいものはちょっと……。

 

 

今回はそんなお悩みの大人にオススメな、デニムを専門にしているブランドや、30代・40代雑誌掲載の人気ブランドなどなど、間違いないブランドの高品質Gジャンの紹介と、大人向けの着こなし方を簡潔に紹介しています。

目次(もくじ)

大人なGジャンの着こなし方

■コートのインナー役に

■定番のアウターON!

■シャツ感覚のボタン留め

■肩掛け&腰巻き

大人Gジャンブランド・名品15選

■AG、HYKE、LEVI’S、LEE 他….


①大人なGジャンの着こなし方4選

1.ロングアウターの胸元からチラリと利かせるインナー役に。

kikonasii1

 

春先や秋に有効なのが、チェスターコートやトレンチなどの軽アウターとインナーの間に挟みこむテクニック。インディゴカラーのチラ見せでカジュアル度が高まるし、ひと手間かかった雰囲気に。
肌寒い日はリアルな防寒に、という実用性もあり。

 

2.アウターとしてON。キレイめもカジュアルも、この定番力でうまくいく!

kikonasii2

 

薄手トップスにアウターとして羽織る、一番基本の着こなし方。キレイな格好をこなれさせ、カジュアルよりはカッコよく…着こなしを選ばないのがGジャンのエラいところ。

 

kikon1

 

■ワンピースに
一枚で着るより、羽織ものがあるとオシャレ度が高まるワンピ。カーデじゃコンサバすぎ、Gジャンのスポーティさが丁度いいバランスなんです。

 

 

■ブラウスに
ブラウス×プリーツスカートの大人ガーリーな着こなしもGジャン効果でいまどきに。きちんとしたトップスこそ、Gジャンでハズすのがコツなんです。

 

kikon3

 

■Vネックニットに
デコルテ見せのVネックニットにさらりと羽織れば、媚びない大人の女らしさに…。ちょっと深めのV開きを、インディゴはヘルシーに縁取ってくれます。

 

kikon4

 

■Tシャツに
女性が着るからこそ魅力的なGジャンが主役のボーイフレンドカジュアル。ボーイフレンドカジュアルはほんのり男っぽく徹したいから、はおりものもGジャンの無骨さを生かして。

 

kikon5

 

■シャツに
甘さ皆無のシャツコーデは、体になじんだGジャンが上級者のこなれを実現。男友達をお手本にしたような、マニッシュ具合が◎

 

kikon6

 

■ボーダー
インディゴGジャンとデニムの黒スキニーでラフな女っぷりを表現。

 

3.フロントボタンをきちんと留めて、インディゴシャツ感覚で着る。

kikonasii3

 

Gジャンの適度な厚みは、シャツっぽく着るとシャツより何だかオシャレに仕上がる!
Gジャンのコンパクトさを際立たせたいから、合わせるボトムスはボリュームのあるものが正解。

 

4.デニム素材感のいいとこ取り… 肩掛け&腰巻きのポイント使い。

kikonasii4

 

コーデがもの足りないとき。キレイすぎたり、シンプルすぎたりな着こなしに、もうひとワザ添えたいとき。Gジャンを”掛ける&巻く”で、がぜんオシャレっぽく仕上がります!

 

デニムジャケット肩掛け

 

■肩掛け
Gジャンで女っぽさを表現したいときにおすすめな、袖を通さず肩に引っかける技。簡単にオシャレに仕上がるだけでなく、袖を通したくないインナーにも使えて便利。

 

デニムジャケット腰巻き

 

■腰巻き
どカジュアルにはしたくない、でもデニムの風合いは拝借したい… そんなときに使いたいテクニック。Gジャンはボリュームがあるから、腰に巻いたらメリハリが出るのも魅力です。


②大人のGジャンブランド&名品15選

AG(エージー)

aglogo

 

公式サイト:http://www.agjeansjapan.com/

 

■”カジュアルでオシャレ”を目指すなら外せません。

大人デニムブランドの定番「AG」の魅力はパンツだけにとどまりません。着心地と着回しやすさ抜群のGジャンやデニムシャツなど優秀なアイテムが目白押し。
そして”カジュアルでオシャレ”の鍵を握るGジャンは、もちろん間違いのない名品揃いなんです。

 

aggjan1

 

■ROBYN(ロビン)

人気の定番Gジャン。生地がとにかく柔らかく、ストレッチが効いているのでシルエットがゴワつかず、すっきり着こなせるのがうれしい。
ボリュームのある長めのフレアスカートに合わせれば、軽やかで大人可愛いフィット&フレアに。
【定価:28,000円】

 

 

aggjan2

 

■MYA

「ROBYN」より全体的にゆとりをもたせた作りで、ハードすぎないウォッシュ加減が絶妙。
チュールやロングスカートの甘さを引き算したい時なんかに重宝します。又、素材は柔らかくノンストレスなので、ママの公園の定番アウターにもなっています。
【定価:30,000円】

 

 

aggjan3

 

■CASSIE

オーバーサイズぎみのボックス型シルエットが特徴。可愛いスカートスタイルのスパイスにしたり、あえてメンズのようなボーイッシュカジュアルを楽しむのに最適です。
【定価:32,000円】

 

HYKE(ハイク)

hykelogo

 

公式サイト:http://www.hyke.jp/

 

■ヴィンテージ服にもしっくりくる絶妙ユーズドウォッシュ。

30代~40代をターゲットにしたファッション雑誌「VERY」「STORY」のデニム特集で欠かせない存在になっているHYKE。
最大の魅力は美しい色落ちと体にほどよくフィットするシルエット。いまやアローズ、トゥモローランドなどセレクトショップが取り扱うほどの実力派です。

 

hykeg1

 

■Denim jacket type2

HYKEの定番Gジャン。コンパクトシルエットとほっこりしないウォッシュ加工だから、甘めのヴィンテージワンピにも好相性。
【定価:32,000円】

 

 

hykeg2

 

■Denim jacket type3

HYKEの中で1番タイトシルエットで、体にぴたっと寄り添うフィット感はまるでシャツ感覚。ボタンを留めてもカッコよく決まります。
【定価:32,000円】

 

 

hykeg3

 

■Denim jacket type2 REGULAR FIT

2017年から発売された新作で、ややビッグなシルエットが特徴。抜き襟シャツのようなヌケ感があり、ボトムは逆にスキニーパンツといったタイトめでメリハリを。
【定価:34,000円】

 

マッキントッシュ

mackntlogo

 

公式サイト:https://mackintosh.com/

 

■老舗ブランドらしい美しい仕立てで、高級感漂う大人仕様のGジャン。

本物を求める大人に支持されるイギリスのアウターブランド「マッキントッシュ」は、2016年からデニムラインを展開。
ジャパンメイドの高品質なデニム生地を使用したアイテムは、アウター同様、ミニマムでクリーンかつ洗練されたデザインが魅力。細部までこだわり丁寧に作りこまれたGジャンは、マニアもうなる次なる名品です。

mackint1

 

■SELVEDGE

濃インディゴ×オーセンティックなデザインで、なかなかないキレイめに着られるGジャン。コートの下にも着られるコンパクトなサイズ感です。
【定価:34,000円】

 

 

mackint2

 

■ストーンウォッシュ

ストーンウォッシュ加工のリアルなヴィンテージ調で、コンパクトサイズのミニマルな美しさも兼備。スタイルにラフなエッセンスを加えたり、カジュアルに着こなすなら断然こちらです。
【定価:45,000円】

 

RED CARD(レッドカード)

redcardlogo

 

公式サイト:http://redcard.tokyo/

 

■カジュアルなGジャンを女っぽく着こなせたら素敵。レッドカードは、そんなスタイリングを実現できます。

2009年のデビューから間もなく、エストネーショなど人気セレクトショップのバイヤーも大注目の存在へと急成長!
ディティールの細部にこだわりながら、さり気ない洗練を表現するデザインで、ニュースタンダードとして大注目されている日本生まれのデニムブランド。

 

redcardg1

 

ライトオンスなのにリアルなヴィンテージ加工を実現した大人気Gジャン。軽くてやわらかな素材だから「肩掛け」も疲れ知らず。そして流行に左右されないシンプルなデザインも魅力です。
【定価:26,000円】

 

 

redcardg2

 

一般的ものよりも着丈を短くしたGジャン。軽やかな雰囲気で着こなしやすく、ハイウエストなパンツと相性抜群。ショート丈だから小柄な人にもオススメです。
【定価:22,000円】

 

アッパーハイツ

uh

 

公式サイト:http://upperhights.tokyo/

 

■品を守った美シルエットで、理想のハンサムが叶う。

”心地よく使える洗練”をテーマに、シンプルスタイリッシュなデザインと高品質にこだわる、TOKYO生まれの実力派デニムブランド。
「CLASSY」「Oggi」「VERY」といった、30代・40代女性雑誌のデニム特集では必ずといっていいほど紹介される定番ブランドです。

 

upperg1

 

キレイめに着られる生デニム素材のGジャン。体にぴったりと沿うタイトめで、トレンチやニットカーディガンの下に着てもサマになります。
【定価:26,000円】

 

ヤヌーク

yanuklogo

 

公式サイト:http://www.yanuk.jp/

 

■病みつきになる柔らかな着心地。

美しいシルエットが話題のデニムをはじめ、柔らかな肌触りと着心地抜群のGジャンでもお馴染みのLA発デニムブランド。
「Gジャンって固いし窮屈…」なんてイメージを持っている人は特にオススメです。

 

yanukg1

 

■EMILY

見た目は本格的なデニム地なのに、着心地はスウェットのような伸縮性抜群素材「デニット」を使った定番Gジャン。
スタイルアップを叶えるウエストシェイプ&襟や肩幅は華奢なのに窮屈さナシ! 公園や旅行など、動くことが多い日もラクちんです。
【定価:31,000円】

 

リーバイス(LEVI’S)

levislogo

 

公式サイト:http://levi.jp/

 

■変り種も定番も、ひととおり揃っています。

1873年に世界で初めて「ジーンズ」を誕生させ、時代とともに愛され続けるリーバイス。
代表モデル「501」など、はくだけで風格と自信を与えてくれるデニムを軸に、ラフな着こなしでヴィンテージの持つ色気を十分に楽しめるGジャンも要注目です。

 

leviseg1

 

■Altered TYPE Ⅲ

ありそうでなかった「ノーカラー」のGジャン。襟がないだけでとっても上品かつ大人っぽい印象に。裾の切りっぱなしは今っぽくて新鮮。
【定価:14,000円】

 

 

leviseg2

 

■EX BF TYPE Ⅲ

少し大きめに見えるようデザインされた、ゆったりシルエットのGジャン。あえてワンサイズ上げてオーバーサイズを楽しみたい人にもオススメ。
【定価:13,000円】

 

 

leviseg3

 

■Orange Tab

きれいめにもカジュアルにも振れる飽きのこないデザインで、1960年代から愛され続ける定番Gジャン。ジャケット感覚で羽織れる端正なダークインディゴ。
【定価:15,000円】

 

LEE(リー)

leelogo

 

公式サイト:http://lee-japan.jp/

 

■ハズレのないシンプル・イズ・ベスト。

LEEは、世界3大デニムブランドの1つに数えられる王道ブランド。幅広いラインナップとカラーバリエーションに加え、伸縮性素材といった機能性も魅力。安心・安定して使い続けていける一着が見つかります。

 

leeg1

 

■HERITAGE EDITION

キレイな細身シルエットのGジャン。前をきちんと閉めればシャツ感覚で、開ければコンパクトなライトアウターに。ストレッチデニムで着心地は快適です。
【定価:15,000円~】

こちらの記事も一緒によく読まれています♪

30代女性×ブランド記事

『スタイルが見違える名作デニム(ジーンズ)も紹介♪』20代・30代女性に人気のデニムブランドランキング。

記事の続きを読む »

『アラサー・主婦・OLさん必見!』30代女性に人気の服(ファッション)ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『憧れハイブランド~コスパブランドまで色々♪』彼女さんの誕生日やクリスマスプレゼントにもアリな流行ケイトスペ…

記事の続きを読む »

 

40代女性×ブランド記事

『上品なデニムスタイルを叶える♪』40代・50代女性に人気のデニムブランドランキング。

記事の続きを読む »

『アラフォー・アラフィフの主婦ママさん必見!』40代女性の服(ファッション)ブランドランキング。

記事の続きを読む »

『いつものコーデも格上げ!』高級ブランドを中心とした、40代女性に人気のバッグブランドランキング。

記事の続きを読む »


「関連タグ」からもっと探す

アウター ブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
今トレンドの人気記事ランキング♪
カテゴリ一覧


検索

最新の記事一覧

人気カテゴリ


化粧品・美容ブランド

ネックレス ブランド

指輪ブランド

女性 財布ブランド

レディースブランド一覧




  • プレゼント×アンケート投票

    誕生日プレゼントで貰って嬉しいものといえば?


    現在の結果だけを見る

    読み込み中 ... 読み込み中 ...
ページ上部に