ストッキングブランド

 

会社用・デート用などにも◎
人気ストッキングブランド

脚を綺麗に見せてくれるアイテムといえばストッキング。
最近はオシャレ感覚で履く方も多いですね。

 

今回はストッキングがよくおすすめされる代表的なブランドを元にした
人気ランキング(アンケート結果)などを公開しています。

ストッキングの人気ブランド(アンケート結果)


ストッキングの 『定番ブランド』 といえば?

  • グンゼ (GUNZE)(45%, 25 票)
  • アツギ (ATSUGI)(38%, 21 票)
  • フクスケ (Fukusuke)(13%, 7 票)
  • セシール (cecile)(4%, 3 票)

アンケートの総投票数: 56

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

【1位】アツギ(ATSUGI)

アツギ

 

 

【2位】グンゼ(GUNZE)

グンゼ

 

 

【3位】フクスケ(Fukusuke)

福助

 

 

【4位】セシール(cecile)

セシール

 

 

「グンゼのサブリナシリーズ」と「アツギのアスティーグ」は仕事・会社用としてよくおすすめされています。
セシールは通販型サイトでけれども、結構丈夫なストッキングが評判です

海外の有名ストッキングブランド

Wolford (ウォルフォード)
http://www.wolfordshop.com/

IBICI (イビチ)
http://www.ibicicalze.com/

GIVENCHY (ジバンシー)
http://www.parfumsgivenchy.jp/

海外の有名ストッキングブランドのWolfordとIBICI
お出掛け・デート用にも使えるストッキングが多いGIVENCHY

お値段は高いですが、ちょっと気合が入る場合は海外のストッキングブランドもアリですね♪

 

 

【豆知識】ストッキングの選び方のコツ・お手入れなど

知っておくと便利!
ストッキングの豆知識を紹介しています。

Q.正しいサイズの選び方は?

A.身長とヒップからサイズを選びましょう。迷ったらワンサイズ上がおすすめ。

基本は身長とヒップの表示を見て選ぶのが正解。でも、脚の長さやフィット感の好みのよってはワンサイズ上の方がしっくりくる場合も。

※↑グンゼは、ストッキングをより快適にはけるように、洋服と同じようにサイズが多彩。

 

「股下が引っ張られる」、「ウエストの食い込みがキライ」だったり「MとLどっち?」という人は、股下が長い大きめを選びましょう。

 

Q.ベージュ色ってどれを選べばいいの?

A.どんな肌色にもなじみやすいのは「ヌードベージュ」です。

基本は、素足よりほんの少し濃い色を選ぶのが美脚に見えるポイント。メーカーによって違いますが「ヌードベージュ」は、誰がはいても素足っぽく見えるように名付けられているから、迷ったらコレを選びましょう。

 

 

 

■色黒肌の方は

黄み系の暗めのベージュ

 

 

 

■色白肌の方は

赤み系の明るめベージュ

 

 

sutom005

 

■標準肌の方は

黄み系の明るめベージュ

 

 

■サンプルがあるときは「腕の内側で色合わせ」しましょう。

店頭で選ぶときは、サンプルを肘まで通し、腕の内側で色みをチェック。ここ、実は脚の色といちばん近い場所なんです。

 

Q.黒ストッキングはムラが出る…

A.ゆっくり丁寧にはくのが、ムラの出ないコツ。

濃い色のストッキングは、はき方が悪いとムラになってだらしなく見えがち。はき方で仕上がりが変わるので、少々面倒でもゆっくり丁寧にはきましょう。仕上げの“ならし”がキレイのポイントです。

 

 

ウエストからつま先まで、丁寧にたぐりよせ、はきやすい準備を。

つま先をしっかりセット。ゆるみがないようにキッチリ合わせて。

両手の親指を内側に入れ、シワができないように伸ばしながら引き上げ。

片足を膝まで上げたら、もう片方も①~③を。ももは交互に引き上げる。

股下にすき間がないのを確認したら、最後に手のひらで脚全体をならす。

 

Q.長持ちする洗濯方法は?

A.手洗いで丁寧に洗うこと。伝線防止にも繋がります。

「ネットに入れて洗濯機で洗う」のもいいけれど、一番いいのは手洗い。繊細なストッキングは、ちょっとの刺激にも敏感だから、やさしく扱ってあげることが長持ちへのポイント。

 

 

ぬるま湯で手洗い

ぬるま湯に少量の洗剤を溶かし、やさしく押し洗い。指や爪での引っかけが心配なら、ストッキングを目の細かい洗濯ネットに入れるとより◎。

 

 

 

タオルで水気を飛ばしながら、シワも伸ばす

ストッキングを雑巾みたいに絞るのはNGです。手のひらで押して水分をきったら、タオルにくるんで余分な水分を移し、シワを伸ばして。

 

 

 

干すときはウエスト部分に洗濯バサミを!

ベストは平置きだけど、スペース上難しい人も多いはず。縦に干す場合は、生地がいちばん強いウエスト部分に洗濯バサミをオンして。

 

Q.収納するとストッキングの見分けがつかない…

A.「タグに書き込む&ジップ袋に小分け」で、グンと見分けやすく!

グンゼ社員さんが教える、賢い収納アイディアをご紹介。「服やシーンによってストッキングをはきかえたいけど、ナチュストって見分けるのが大変!」なんてことも無くなります。

 

 

買ったらすぐにタグに機能を書き込む

洗っても消えないように布用油性ペンで書き込むのがポイント。「クール」「着圧」「濃いめ」など、色や特徴がわかるキーワードを書いて、服や靴によってはき分けます。

 

 

sutom012

 

さらにジップ袋に分けたら忙しい朝もラクラク

袋分けすれば見やすいし傷み防止にもなって◎!。空気を抜けばコンパクトになって収納スペースの有効活用にも。旅行に持っていくときも便利です。

 

Q.デニールって何ですか?

A.「厚さ」に関係する単位です

デニールは、ストッキングなどの色の太さを表す単位。数値が上がるほど、糸は太く、生地が厚手になります。
※一般的に30デニール未満のものをストッキング、30デニール以上をタイツと呼びます。

 

ストッキング デニール

 

0~10デニール

極薄。通気性がある反面、伝線しやすく、日本ではほとんど見かけません。

 

20~30デニール

濃すぎず薄すぎないので、OLさんの普段使いとして定番。日本でもよく扱われています。

 

40デニール

透け感と暖かさを両立。冬場のフォーマルシーンには欠かせません。

 

50~70デニール

50以上になると透け感はなくなってカジュアルな印象に。冬のおしゃれ用とかによく使われます。

 

90~110デニール

足のむくみを軽減する着圧タイプが主です。立ち仕事のエステティシャンさんや、一般女性がゴルフをする際にも使用されます。


もっとブランドを見る

ランジェリー・インナーブランド 服ブランド

この記事を見た方は、こんなページも見ています
サイトの人気ページランキング♪
カテゴリ一覧


ページ上部に